rennon1999

VTIから分析する10月の方向性

AMEX:VTI   Vanguard Total Stock Market ETF
241 views
4
VTIから分析する10月の方向性

アノマリー

10月 8月後半から10月は弱気相場 10月は弱気相場の終わり 11月で弱気相場になる確率は20%

金融政策 米国 FOMC 11月2日3日

日本 オプションSQ 10月8日

現状 アノマリー通りの展開となっています 10月後半から上がるかどうかですね

下げ情報が多いので、11月も引きずるかが分からない展開です

自分の場合は、長期投資なので下げ方向よりも上方向で考えています

基本 分割投資です


週足 ピボットからは下げても217ドルだと思っています

今週の下げが強くない場合はダブルボトム 底打ち感がある可能性はあります

ストキャスRSIは、底値感がありますがまだゴールデンクロスしていませんので安心できません

RSIは、40を割れば、25辺りが底になるかもしれません

右のチャート 上から 長短金利差 10年債金利 米国債ETF TET

金利が上がれば、債券も売られます

株は金融相場から業績相場に変わるので乱高下しますが上目線で考えたいと思います

債券は、下がったら買いたいですね


左 FRBバランスシート 消費者物価指数 個人収出 損益分岐点インフレ率

テーパリング待ちですね 債券は売られえる方向で

右 銅の価格 失業率 非農業部門雇用者 ISM製造指数

雇用は増えてますが、製造指数は下がってる感じです 半導体やアジアのコロナの影響でしょう

10月でコロナが減って行けば良いのですが・・


左 不動産価格 30年ローン金利 個人住宅許可件数 住宅着工数

不動産価格を急に抑えようとするとバブル崩壊になるので、パウエルさんの腕の見せ所です

右 トラック輸送 ODFL 貨物輸送 UNP  海上輸送 DAC 航空輸送 FDX

航空貨物が、下がっています クリスマスが近づいてるので貨物は心配な所です


左 米国指数 NDX SPX RUT VYM ラッセルが、耐えて下落してないので救われてる感じです

右 日本 中国 インド 台湾 中国は国策が影響するので次に期待かな? 中国の影響でインドは強そうですね