solidChart31715

MOVE+VIX & GL SL PL correlation

MOVE+VIXと貴金属は、正の相関の関係にある。
MOVE+VIXが極大値になるとまず金価格が反応しやすく、そのあとに銀、その後しばらくしてプラチナが上昇する傾向にある。
MOVE+VIXが増加するということは、金融不安や景気後退が意識された象徴であり、市中のマネーが再び増加する。 その結果、貴金属価格は、MOVE+VIXが極大値を付けた後に、本格的上昇が始まる。