hapihapi225

金相場 支持帯にタッチして反発の動きはどうか

FX_IDC:XAUUSD   金/米ドル
金相場の動きを見ていきます。

左が週足、右が日足です。


前回7/16に書いた注目ポイントは、
---------------------------

今週のポイントとしては
先週書いていた、
1680辺りの支持帯を試しに行くのかどうか。
試しに行く可能性は十分にありますね。


反発の動きが出てきたとしても、下降トレンド優勢は変わりませんが
下げが続いており、そろそろ反発の動きがほしいところです。

---------------------------

ということでした。

今週は、下げが続いて1680まで
先々週から書いていた、1680の支持帯を試しに行きました。

支持は機能して、反発の動きが出てきています。


現在のトレンド判断は

■週足トレンド判断
ピークとボトム:高値切り上げ、安値切り下げ
→トレンドレス
移動平均線:75本線より下
→下降トレンド

■日足トレンド判断
ピークとボトム:高値切り上げ、安値切り下げ
→トレンドレス
移動平均線:75本線より下
→下降トレンド


トレンド判断の仕方は
直近の2つのピークとボトムを比較して
高値安値の切り上げ、切り下げを見ます。

移動平均線は、75本MAより価格が上か下かを見ます。

それを踏まえて、総合的に判断することになります。


週足は、
重要な支持帯にタッチして、陽線になりました。


日足は、2つ目のより低い安値を割り込んでいるので
実質下降トレンド
2本陽線で反発の動きで、とりあえず、上昇波動にしてから
どこまで上昇できるか。

それを踏まえて

今週のポイントとしては

1680からの反発の動きがどのような反発になるか。

一気に下降トレンドを転換するには、かなり厳しい状況ではあるので
まずは、反発の動きを大きくして
25日線を超えておきたい所でしょうか。

1680を割り込んでしまうと、下に支持がなくなってしまうので
ここは割り込みたくないポイントとなります。


以上です。

---------------------------------------------

ご覧いただきありがとうございます。
「いいね」押して頂けると嬉しいです。
また、フォロー頂くと更新時に通知が届きます。

学びの真髄がここにある・相場で生き残る方法を学ぶ
http://nk225.info/lesson/
トレーダーの学び舎 相場塾

日経225先物練習用ソフト 【ドリームチャート】
http://dream-chart.com/

日経225先物デイトレブログ
http://hapi225.blog97.fc2.com/
毎朝更新しています!
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。