masao_shindo
教育

ダウ理論 ~トレンドは継続する~

SAXO:XAUUSD   金/米ドル
XAUUSD  (ドル建てゴールド) 日足チャート

先日のチャートはダウ工業株とダウ公共株の比較チャートでした。
ダウ理論では工業株と輸送株を比較しますが、今回もダウ理論からチャート見てみましょう。

ダウ理論に「トレンドは継続する」という言葉があります。

大底を打った相場は天井を打つまでは様々な動きを見せながらトレンドが継続するということです。
そして、明確な天井打ちのサインが出てからやっと反転するのです。
それまでは、とことんトレンドが継続していきます。
大きく分けて日柄調整と値幅調整、
中間波動としては、「フラッグ」や「ペナント」などの形状を見せます。
これらは、天井を打ったと感じさせるフェイク(ダマシ)の動きを見せます。

このフェイクの動きに惑わされてはいけません。
高値から価格が下がってきたので、もう天井だろうと思った矢先、するすると何もなかったように上昇していきます。
そこから更に高値を超えてトレンドが続いていくのです。

実際トレードをしているとこの動きに惑わされる方が続出します。
ちょっとした利益で満足してしまうから、欲に負けて利益確定をしてしまうのです。
もしくは、出た利益が減ってきたらこれ以上利益が減ったら嫌だといった感情が利益確定に走らせるのです。
でも、そこから高値を更新した時に再び参戦できれば良いのですが、後は見ているだけとなる方が多いのです。

そういう方は、移動平均線大循環分析で第1ステージで買い、第4ステージで売り、
ステージに変化が出るまではポジションを持ち続けることが大事ですね。

相場は株や為替、コモディティと時代や時期によって循環しながら、時に大きな相場を形成します。
その大きな相場をしっかりと獲ることが出来るかどうかが重要ですね。
小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト