ponooko

「BTC上か下かわからね〜」ってのはみんな同じかもね。4つのポイントチェックしようたぬ。

BITMEX:XBT   ビットコイン/米ドルインデックス
ビットコインは1000ドル幅のでっかいショートカバー以来ほとんどボラなく無風といってもいいような状態たぬ。
株、為替、ゴールド...が非常に目立つ動きをする中、実に地味で存在を忘れそうなくらいたぬ。

さてそんなビットコインたぬけど、 「どっちかわからん〜」ってうなってるたぬきも少なくないと思うたぬ。

「困ってるのはキミだけではないかもyo」ってのが今回の投稿の趣旨たぬ。

つまり、この1ヶ月を振り返ると、市場全体がどっちに行こうか迷っているような、そんな印象を受けるたぬ。
(なおTradingView はハウスルールで、投稿していいのはTradingView上で表示できるチャート情報のみに基づくべしと決めているので、このアイデアでは専らそのようにして、市場がなぜ迷っているように見えるのかのお話をするたぬ。)



ポイント① 価格チャート
今回はいつもと違ってBitmexのXBTUSDチャートを出してるたぬ。
環のビットコイントレードの主戦場はBitmexなので、XBTチャートは相当真剣にラインを引いているたぬ。今回のような場合ではこちらのチャートを使おうと思うたぬ。

さて前置きはともかく、上の画像の1段目を見てくれたぬ。
緑の丸は緑のネックライン、赤の丸は赤のネックラインにまとわりつくように価格が推移してるところを示しているたぬ。サバイバルな映画に出てくる蛇の串焼きみたいたぬ。

これらのラインがどんな風に引かれてどんな風に役に立つかについては、とっても長くなるので今回お話できんたぬけども、環はこのラインで自分の資金を使っているたぬから、少なくとも環自身は信頼しているものってことだけ言っておくたぬ。

画像のように、極めて重要なラインで価格がまとわりつくようにチンタラ動いているというのは、大きな反落・反発ができずに迷っているかのような印象を受けるたぬ。
(ついでに、ボラが小さくなっていることも指摘しておくたぬ。)


ポイント② 奇妙なOI
この点は以前投稿した「ビットコインの奇妙なOI」と題したアイデアに詳しいのでそちらご覧になって欲しいたぬ。下にリンクしといたぬき。

今回改めてこれを取り上げたのは、ポジション解消の際にあまり価格変動を伴わない、現引き現渡しが非常に多発しており、目立った巨大反対売買は先の1000ドルショートカバー以外ほとんど起きていないということに注意したいからたぬ。
具体的に言えば、2段目の矢印をつけたところがその疑いの強いところたぬ。ショートカバーは編みがけの四角のとこたぬね。



ポイント③ ファンディングが行ったり来たり。
3段落目に表しているのはBitmexのXBT無期限(ビットコインFX)のファンディング(資金調達)たぬ。
ファンディングの話も詳しくすると長くなるので別の機会に譲るたぬけども、ここでは「マーケットに資金が流出してるか流入しているか」ということをはかるインジゲーターとして見て欲しいたぬ。
ファンディングがマイナスだと資金が逃げ出していってること、プラスだと集まっていることが示唆されているわけたぬ。

Bitmexやってないたぬきのために簡単に解説すると、普段のファンディングは大体「0.01%」となっていて、ポジション量×0.01%をスワップ的な感じでショートが受け取り、ロングが支払うという形になっているたぬ。

そんなわけで、もっとも基本的な使い方としては、マイナスだとロングを動機づけ、プラス(特に0.01%以上)だとショートを動機づけるだろうということで、価格予想の参考にするって感じたぬ。


さて、画像のようにこの1ヶ月間、ファンディングは上がったり下がったりと非常に落ち着きがないたぬ。
これは中長期的なレンジの後半など、「動きそうなんだけどどっちに動くかわからん〜〜」って感じの時に見られるパターンたぬ。

例えば9月末の大暴落の前後なんかには、そんな感じでファンディングがジグザグしているたぬね。


ポイント④ POCで張り付く価格
最後にVPVRを見ると、POC(期間中出来高がもっとも大きかった価格帯)で張り付いたまま動かなくなってるたぬ。
Bitmexのチャートでは出来高が見れないので、BitfinexのBTCUSDで見ようたぬ。

また出来高全体はめっきり減ってしまっているたぬ。

このように出来高からも、はっきりした方向感が見えない感じが漂ってるたぬ。



まとめ。
以上、今回は4つのポイントを紹介したぬき。
これらを見るに、市場全体が迷っているかのような印象を受けるたぬ。

「よくわからね〜どうしよう〜」っていうのは市場全体としてそうなんじゃないかなっていうように見受けられるたぬ。
実際ここ数日はボラもなくなってきて、出来高も輪をかけて減少傾向たぬ。

また年末はもともと取引は活発ではなくなりやすいし、歳末売りとかもあってあんまりトレーダーがハッピーな時期ではないたぬ。

さらにショートOIが枯渇して、現時点ではショートカバーの発生も期待できないたぬ。
環(東大たぬき)


・メインのトレードブログ
トレード裏入門シリーズ、考察、各銘柄の記録など
https://tanukinvest.com/

・ビットコイン入門用のブログ
https://tanubit.hatenablog.com/

・Twitterもやってるよ
https://twitter.com/tanubitUT