BitCoinGuide
ロング

XBTUSD12月3日ビットマックスチャート分析です。(ビットコインガイド)

BITMEX:XBTUSD   Bitcoin / US Dollar Perpetual Inverse Swap Contract



こんにちは。

ビットコインガイドです。


マーケティングするとき、単純に役に立とうとしていた分析が、
理解がされていない抵抗感が挙げられており、
また、時代をも先に出て行ったみたい

今後マーケティング戦略の根拠と理由を中間に残して差し上げようとします。


「良い」、「フォロー」

一つずつお願いし、


XBTUSD12月3日ビットマックスチャート分析を開始します。








上部には、昨日残しリン30群れチャートです。

長く赤ちゃんドリル必要とせず、
B区間の移動経路のまま動きが出て週オトグヨ。

最終的な清算時点までと同じです。


ショート - >ロングポジション戦略的に往復500ドル程度
収入裸の方々すべておめでとうございます。

私も昨日ショートポジション350火認証しささげ、
残念ながら、一度の波動が出ず
フェンボジャンに終了したため
ロングポジション進入は逃さてしまいました〜


実際には、

一番最初に多くの投資家の方々に役に立とうと二日を開始したし、

最も基本的な3つの補助指標と
パラレルラインだけを持って、今のような分析記事を作成しているんです。


マーケティングするとき、単純に/快適に役立つなることができる情報を触れるドゥェルジュル分かりました。



おそらく私のような分析をできる専門家の方は、国内に存在しないでしょう。
いや、世界中にもないかもしれません。

モノマネも手に余るからね

移動経路/進入タイミング/進入価格/清算時点
までお知らせ分析文は、おそらくどこにもないでしょう。

隠さずに全部見せたからです。

単純に助けになろうと始めたこの日
時間が経って、誰よりも努力して発展することになり、
問題がなってしまったようです。

時代をたくさん先行する分析がなることもあるという考えをしたんです



また、最近に追加映像で分析文の追加説明を
残し捧げる作業を進行してみると、

以前のように分析文に具体的な説明をいたしず
30群れチャート中心のみ説明をおかけ
より距離感が感じられる可能性があると思いました


私は一日にすべてのことをチームメンバーなく一人だけ消化するため
広告や広報も進行することができないのですが。

同様に
いくつかの操作などを行うこともないことを知っていただきたいと思います。



まとめますと、

第分析文は単打マーケティングのための内容がありません。
中長期的に受け継がいる方にも

マーケティング方式やマーケティング手法について
いくらでも情報を得ると思います。
毎週月曜日に中長期的な説明をしたいんです。


また、私が使用する補助指標に基づいて
毎日残し差し上げる分析文の
根拠を追加で残しいたします。

以前からスプーンでいちいち浮い食べに望んでいる投資家の方は、
私の文を読まなくても良い良いんです。
また、望まもいません

本人の貴重なお金は自分が守るドゥェヌンゴゴ
最小限の努力をハルジュル知る方は、
必ずソンツできます。

覚えてくれるんです。







上部には、4時間チャートです。

下部に赤い矢印で表示ささげ
一目均衡表で「ヤンウン」が薄く維持されており、

下部にMACD「ゴールデンクロス」が出てくる順序です。

かつて取引ビュー教材で映像に残しドゥリョトヌンデヨ
MACDは、ここからの上昇または低下のシグナルを示します。

ゴールデンクロスは上昇シグナルがいいんんです。


お見逃しの方は、おおよその補助指標の活用法や
説明をささげたので参考になればいいでしょガトグヨ。


この動きを根拠に、売買戦略を持ってきました。








30群れチャートであり、しばしば見たので
主なポイントのみまとめていただきます。


1. AとBの移動経路と右側にロングポジション進入タイミング/進入価格確認
Bルートでは、ロングポジションの後、右側にショートポジション進入区間もありますので参照ください。

2. Aパスの移動時のロングポジション進入区間離脱していることをチェック
(離脱時Bのパスへの移動が出る可能性)

3. Bパス移動時、ロングポジション進入区間確認/
最終出る反発で右端の説明どおりに
ボルリンジョバンド30群れ抵抗線2のタッチ時無ポジション終了。

(1タッチまたはタッチしていない場合は、ショートポジション進入)



ここまでスリップ。


4時間チャートゴールデンクロスと、
ロングポジションマーケティング戦略としては、
Aパスの動きが出てなければならず

Bルートに向かって動きが出なければ、
今日ギャップ差区間の、最終的な戻しが出てくる可能性がありますので、参考願いたいいたします。


それでは今日も楽しい一日なられ、

私は午後にFXマージン取引の分析記事でお会いますよ。


ありがとうございます。














ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト