GreyWagtail

BTCビットコインの春節前後の動きを検証する(結果再検証)

BITMEX:XBTUSD   Bitcoin / US Dollar Perpetual Inverse Swap Contract
今年の春節前に「BTCビットコインの春節前後の動きを検証する」というアイデアを公開しましたが、それから2か月経っての振り返りです。

前回の予測
> 春節休暇は、旧「大晦日」からスタート。2日目が「初一」すなわち元日となります。
> 「春節前に中華系マイナーが資金稼ぎにBTCを売る→下落」という報道がよくなされています。
> よく調べてみると、春節「前」(大晦日=連休初日を含む)に下落、春節の初一の安値で買って春節連休後の高値を狙って売れば、理論的には短期的(2~3週程度)に15~25%くらいの利確ができそうというチャートです。

2021年の結果
  • 春節から9日目に一旦高値をつけた。
  • その後、春節前より下落して含み損へ。史上最高値の後、調整に入る可能性もあった。
  • 再度上昇して29日目に史上最高値。

もともと短期的な利益確保を狙った戦略ですから、29日後まで待つというのは筋が通りません(一度入り直す方が賢明)。
したがって、今回は9日目前後に利確すべきであったということになります。
(自分はそのタイミングを逃し、含み損になる前に一旦微益で撤退しました)

過去のチャートを見直したところ、「2~3週程度」ではなく、長くても「2週間まで」に利確すべきであるようです。
今回のチャートでは、春節の前々日の終値(=大晦日に入る直前)を機械的にエントリーポイントとし、その後最初の利確ポイントまでの日数をプロットしました。
その結果、前回のアイデアのように2週間以上引っ張るのはよくなく、大晦日前日から数えて最大15日で利確すべきであろうという結論になりました。
短いところでは2018年に「6日」が最適解の場合もあります。
2021年は大晦日前日からのカウントでいうと11日目の時点が利確の目安となります。期間的にも妥当ですし、下げ始めたところで売っても十分な利益といえます。

したがって、春節BTCロング戦略の結論としては、
  • 春節の2日前(大晦日前日)あたりにエントリー。
  • 大晦日前日からカウントして5~15日で利確ポイントを探る。
  • ある程度の高値をつけたと思ったらさっさと利確する。
というのが目安になりそうです。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。