masao_shindo
教育

景気の先行指標 ~COPPER(銅)~

OANDA:XCUUSD   銅CFD(米ドル/ポンド)
株式市場の動きを予測するときに、景気の先行指標としてウォッチされる銘柄がいくつかあります。

米国の株式市場では、
例えば、ダウ工業株30種平均とダウ輸送株20種平均、ダウ公共株15種平均との比較から
将来を予測する方法があります。

また、VIX指数の動きや
先日記載したGSRの動きなども景気の先行指標や先行銘柄といわれることがあります。


今回のCOPPER(銅)の動きも景気の先行指標としてウォッチする方が多いようです。
工業品として使われる銅は景気の動きに敏感に反応して動く傾向があります。

今回、銅価格が移動平均線大循環分析で、第4ステージとなりました。
赤色の折れ線グラフは、ダウ工業株30種平均株価です。

銅の価格が先行指標となるのか、ならないのか・・・
いつも、必ず先行指標となるわけではないので、あくまで参考程度に見ていきましょう。

小次郎講師公式インジケーターのお申込
http://bit.ly/2vdSV4Q

小次郎講師のLINE@
http://bit.ly/2VZQFu3

小次郎講師のチャート情報局
http://bit.ly/2GvLAEp
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト