masao_shindo

~どこで底打ちをするか~

教育
CBOT_MINI:YM1!   ダウ先物ミニ(当限つなぎ足)
(YM1!)ダウ先物ミニ 120分足

新型肺炎の影響もあり、マーケットが急騰や急落を繰り返しており乱高下しています。

直近の高値と安値のところに2本の水平線(赤い点線)を入れています。

ここから安値を更新するのでれば、第2弾の大幅下落の動きがでてくると考えられます。

一方で、二番底を付けて上の赤い点線を超えてくるのであれば、一先ず目先の安値を付けた可能性が出てきます。
それが日足の動きで同様の展開になってくると底打ちの可能性が出てきます。

いえることは、大きく下落した相場は、「V」字回復で上昇するよりも、2回、3回安値を試してから底打ちすることが多いということです。

大きく下落している相場で、安いからと勝手に値ごろ感を持ってしまうと高値掴みとなることもあります。

「落ちてくるナイフは掴むな」という相場格言があります。
急落した相場がしっかりと底打ちするまでは慌てる必要はありません。
しっかりとチャートの推移を見て判断していきましょう。

そのヒントは水平線、トレンドライン、チャネルラインとなります。

その使い方を理解するとチャート分析の技術が向上していきます。

ラインを入れてレベルアップしましょう。
長年のチャート分析と研究検証を重ねて生み出された
「shindo_linebreak」インジケータ付き
博士のラインブレイクトレード詳細はこちらから
https://saipon.jp/h/linebreaktrade/

YouTubeチャンネル開設
神藤将男チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCXvNjlUPil_TtSa1M_4k8_Q

コメント

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター プライベートメッセージ チャット サインアウト