移動平均収束拡散手法 (MACD)

移動平均コンバージェンス/ダイバージェンスオシレータ(MACD)
MACDは、テクニカル分析に使われる非常にポピュラーな指標です。 MACDは株の全体的なトレンドの局面を判断するために使用できます。 とくに勢いであり、トレンドの方向性と時間軸も同様です。 MACDが有益な指標であるのは、実際には2つの異なるタイプの指標の組み合わせであるからです。 第1に、MACDは、トレンドの方向と時間軸を識別するために、違う長さの2つの移動平均(遅行指標)を使用しています。 そしてMACDは、これら2つの移動平均(MACDライン)と2つの移動平均のEMA平滑移動平均(信号ライン)の値の差をとって、その2つのラインの差をゼロラインの上下に変動するヒストグラムとして描き出します。 このヒストグラムは株の勢いを示す有効な指標として使用されます。
 
Read more about MACD in TradingView wik.
fxmaruchan fxmaruchan PRO EURJPY, 60, ロング ,
EURJPY: EURJPY 1h view. now up -> down -> after next MACD GC more upside
72 0 0
EURJPY, 60 ロング
EURJPY 1h view. now up -> down -> after next MACD GC more upside

ユーロ円60分足の短期シナリオです。 今朝方121.6で一旦ボトムとなりましたが、ダブルコレクションの可能性はあると思っています。 それが黄色線の波動展開です。一応こちらがメインシナリオ。 メインシナリオは水色線の波動イメージ。 121.6をボトムに4時間足のチャネル上限へ移行を予測。 これを短期的な予備のシナリオと考えています。 現在1時間足でMACDがダイバージェンスし、その後ゴールデンクロスした形。 ただここではすんなり上昇とはいかず、 次回のMACDゴールデンクロス後に大きく上昇と考えています。 現状は回転予定の短期売買と中期的なロングポジション。 次回のMACD GCで短期のロングポジションを取り直す予定。

yohei yohei PRO NKY, W,
NKY: 週次日経平均チャートに思うこと。
204 0 4
NKY, W
週次日経平均チャートに思うこと。

チャートは週次です。緑の円はここ最近のストキャスティクスとMACD両方に同じ向きのクロスが発生しているタイミングとなります。上であれば買いしたであれば売りというシンプルな考え方です。 最後にシグナルが発生しているのが7月(買い)まだこのシグナルが継続中となりますが、ストキャスティクスを見るとちょうど80%のあたりを下にクロスしそうなしないような方向感のない感じですね。MACDの方はまだ買いのシグナル継続中ですね。昨日は1万7000円を超えたものの、1万7200円~1万7600円に抵抗線があるのでレンジになるかんじでしょうか。USDJPYの方もややドル安になっているところも気になります。

成行
時間足
閲覧
時間
投稿者
ウィジェット
アイデア スクリプト チャート
日本
United States
United Kingdom
India
España
France
Italia
Brasil
Россия
Türkiye
한국
ホーム 銘柄スクリーナー FXシグナル検索 経済カレンダー 使い方 チャート機能 ハウスルール モデレーター Web 用 ウィジェット チャートAPIライブラリ 優先サポート フィーチャーリクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ヘルプ & Wiki ツイッター
プライベートメッセージ チャット 公開したアイデア フォロワー フォロー中 優先サポート 公開プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い サインアウト