予測と分析

全期間

シャークパターン

シャークパターンは、2011年にスコット・カーニー氏に発見された、明確な5点の反転構造パターンです。バットパターンに似ていますがC点がレッグBCを超えており、強い反転の動きとなります。潜在的反転ゾーン(PRZ)は次のハーモニックレベルで定義されます。最初のレッグに対して0.886リトレースメントから1.13エクスターナルリトレースメント。ターゲットは、レッグCDの間のいずれかで最大C点までとなります。ストップをどこまでにするのかを決める方法はいくつかあります。トレーダーによってはD点の後で次にD点のレベルまで来た時をストップに、他のトレーダーはXAの1.41エクステンションにストップを置きます。 
 
保守的なトレーダーは、エントリー前にインジケータの値に基づいて、ローソク足の反転サインや他の手法のシグナルとの合致などの別のエントリーの追加根拠を求めます。シャークパターンにはブルとベアの両方の場合があります。他のハーモニックパターンや一般的なバリエーションでのトレードと同様、最後の足の完成でトレードするのが効果的です。TradingViewでは、ユーザーがチャート上で視覚的にこのような値動きのパターンを判別できる、スマート描写ツールを提供しています。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト