解説

ミラノに拠点を置くボルサ・イタリアーナS.p.A.(イタリア証券取引所株式会社)は、イタリアの唯一の株式取引所であるため、イタリア証券取引所としばしば呼ばれます。1808年に設立され、民営化された1998年まで公的所有権のもとで運営されていました。2007年10月1日、ボルサ・イタリアーナは全株式の買収によりロンドン証券取引所に吸収合併され、LSEグループの一員になりました。ボルサ・イタリアーナの主要取引市場は、メルカート・テレマ ティコ・アッツィオナーリオ(MTA)((電子取引市場))、投資ビークル市場(MIV)および代替投資市場(AIM Italia)です。

イタリア株式市場の主な指数は、FTSE MIB(プライマリーベンチマークインデックス)、FTSE Italia Mid Cap(時価総額トップ60銘柄)、FTSE Italia Small Cap(小型株)、FTSE Italia All Share(前述の指数の全ての構成銘柄を含んだ指数)。ボルサ・イタリアーナには、テレコム・イタリア、インテーザ・サンパオロ、フィアット・クライスラー・オートモービルズ、サラスエネルギー、およびウニクレディトなど、積極的に取引されている企業が上場しています。その時価総額は6450億ドルに上ります。

ニュース

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション ヘルプ 機能リクエスト ブログ&ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い TradingView コイン マイサポートチケット ヘルプ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト