FISCOFISCO

東京為替:ドル・円はもみ合い、一時134円台も

2日午前の東京市場でドル・円はもみ合いとなり、おおむね135円前半で推移している。米10年債利回りの持ち直しでドル売りは後退したが、日経平均株価の大幅安で円買いが強まった。ドル・円は下押し圧力がかかりやすく、134円台に下げる場面もあった。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は135円01銭から135円54銭、ユーロ・円は141円93銭から142円47銭、ユーロ・ドルは1.0506ドルから1.0539ドル。

【経済指標】

・日・11月マネタリーベース:前年比-6.4%(10月:-6.9%)

【要人発言】

・鈴木財務相

「防衛経費、30兆円を超えて増額することになれば大きな歴史の転換点」

・黒田日銀総裁

「世界的な景気減速がみられる」

「国内インフレは2023年から減速が予想される」

・雨宮日銀副総裁

「イールドカーブ全体が上方シフトなら評価損は1%で28.8兆円、2%で52.7兆円」

「会計基準により保有国債の評価損は日銀の期間損益に影響を与えない」

無料で記事の全てを読む
News unlock banner