02:0011月 25, 2021Reuters

日立が大塚化学 徳島工場のコージェネレーションシステムを受注


東京, 2021年11月25日 - (JCN Newswire) - 株式会社日立製作所(以下、日立)は、大
塚ホールディングス株式会社の子会社である大塚化学株式会社(以下、大塚化学) 徳島
工場の、ガスエンジン発電設備、ボイラー設備からなる高効率のコージェネレーショ
ンシステム、並びにエネルギーマネジメントシステムを受注しました。

大塚化学 徳島工場では、以前よりコージェネレーションシステムを導入し、隣接する
大塚グループ各社の工場へ電力と蒸気を供給することで、エネルギーの効率利用を推
進してこられました。このたび、エネルギー利用効率の最大化を図るため、多様な事
業を行う各社の工場の稼働状況に合わせて、最適な需給バランスで電力と蒸気を供給
することが可能であり、より環境負荷の少ないシステムへの更新を計画され、日立の
システムを採用されました。

日立は、持続可能な社会におけるエネルギー分野のグローバルリーダーとして、「環
境」「レジリエンス」「安心・安全」の3つの注力領域において、お客さまのエネルギ
ーに関する課題を解決し、社会価値・環境価値・経済価値の向上に貢献しています。
中でも、CO2排出量削減・低炭素化・高効率化によって、脱炭素社会の実現に大きく貢
献する分散電源ソリューションは、エネルギー事業における中核ビジネスの一つであ
り、特に産業分野向けのソリューションを強化しています。今後も、日立は、分散電
源ソリューション事業をはじめ、さまざまなグリーンビジネスの提供を通じて、脱炭
素社会の実現に貢献していきます。

■ 日立製作所について

日立は、データとテクノロジーで社会インフラを革新する社会イノベーション事業を
通じて、人々が幸せで豊かに暮らすことができる持続可能な社会の実現に貢献します
。「環境(地球環境の保全)」「レジリエンス(企業の事業継続性や社会インフラの強靭
さ)」「安心・安全(一人ひとりの健康で快適な生活)」に注力しています。IT・エネル
ギー・インダストリー・モビリティ・ライフ・オートモティブシステムの6分野で、OT、
IT およびプロダクトを活用するLumada ソリューションを提供し、お客さまや社会の
課題を解決します。2020年度(2021年3月期)の連結売上収益は8兆7,291億円、2021年3月末時点で連結子会社は871社、全世界で約35万人の従業員を擁しています。詳しくは、日立のウェブサイト( https://www.hitachi.co.jp/ )をご覧ください。




Source: Hitachi, Ltd.



Copyright 2021 JCN Newswire . All rights reserved.