10:2611月 26, 2021Reuters

Moonstake WalletがShiden(SDN)のステーキングに対応


シンガポール, 2021年11月26日 - (JCN Newswire) - Moonstakeは、ウェブ版ウォレッ
ト、モバイルウォレットにおいて、Shiden NetworkのSDNトークンのステーキング対応
を開始しました。今年9月に、SDNトークンの送受信対応を開始し、今回、Shiden
Networkのステーキングへの対応が始まりました。今回のステーキング対応に伴い、
MoonstakeはShiden Networkの世界初のバリデーターグループのひとつとなりました。
Cosmos、IRISnet、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、
Centrality、Orbs、IOST、TRONに続き、Shidenは、14番目に利用可能なステーキング
コインとなりました。

Moonstakeは、アジア最大のステーキングネットワークを作ることを目指して、2020年
にステーキング事業を開始しました。2000以上の暗号通貨に対応した、最もユーザー
フレンドリーなウェブウォレットとモバイルウォレット(iOS / Android)を開発して
きました。2020年8月に本格的な運用を開始した後、Moonstakeのステーキング資産総
額は18億ドルに達するまでに急成長し、Moonstakeは世界的に見てもトップ10のステー
クスプロバイダーの1つになることができました。本年3月よりMoonstakeは、新たに立
ち上げたDeFiプラットフォームであるMuse.FinanceとともにDeFiに正式に参入してお
り、Muse.Financeのコアプロダクトのリリース開始することで世界中のユーザーに高
度なDeFiのアクセス環境を提供していきます。

Shiden Networkは、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Network(旧
Plasm)とほぼ同じコードベースで構築されており、Polkadot Networkの10分の1の規
模の実験的ネットワークであるKusama Networkに接続されています。Kusamaリレーチ
ェーンは設計上、スマートコントラクト機能をサポートしていないため、スマートコ
ントラクト層が必要となり、それがShiden Networkが担う役割となります。これに加
えて、ShidenはDeFiやNFTなどの様々な先進的なブロックチェーンアプリケーションに
も対応しています。

2021年2月、Moonstakeは、Polkadotのエコシステムを拡大し、DeFiにおけるさらなる
共同開発の機会を探るために、Plasm(現在のAstar Network)と戦略的パートナーシ
ップを締結しました。このように、Astarの姉妹ネットワークであるShidenの統合は、
Moonstakeのコラボレーションにとって重要なことであり、DeFi市場に浸透するための
大切なステップとなります。Moonstakeは、Moonstakeウォレット内で、Shiden Networkの「DApp Store」機能を有効にし、ユーザーがMoonstakeウォレットのインターフェイス上で、他のShiden DAppsからのステーキング報酬を受け取ることができる環境作りに注力しております。現在のShiden DApp Stakingのリストはこちらからご覧いただけます: https://portal.astar.network/#/store/discover-dapps

MoonstakeウォレットでSDNをステーキングする方法
ここでは、MoonstakeウォレットでSDNをステーキングするための簡単な3ステップをご
紹介します。
●ウェブまたはモバイル(iOS / Android)でMoonstakeウォレットを登録します。
●ウォレット 画面右側にある「コインの追加」ボタンからSDNを選択し、「アセット
を追加」ボタンをクリックします。
●SDNの画面にアクセスし、ステーキング情報を確認します。ステーキングタブから「
ステーキング」ボタンをクリックし、数量を入力、ウォレットのパスワードを入力し
てステーキングを完了します。

SDNステーキングの仕組み
●最小ステーキング額が、100SDNとなります。
●SDNのロックインとステーキングに同意する
●現在、各DAppは、最大512人のユーザーに報酬を支払うことができます。

SDNステーキング報酬の獲得方法
SDNの年間報酬(APY)は、ShidenとそのDApp Storeに依存します。SDNの報酬を請求で
きるのはERAごとに1回で、その期間は約24時間です。請求は15日以内に行わないと、
未請求の報酬は受け取れない可能性があります。報酬の請求はコントラクトオーナー
またはDappのすべてのステーカーが行うことができます。1回の申請で全員分の報酬が
得られますので、あなたでなくても構いません。DAppのオーナーやステーキングプー
ルの誰かが「クレーム」ボタンを押すと、ERAの報酬も手に入ります。

SDNアンステーキングの仕組み
トークン保有者が現在ステーキングしているSDNを送信したい場合、まずアンステーク
をする必要があります。SDNのアンステークにはロック期間はありません。

MoonstakeはShiden Network世界初のバリデータグループの一員になれたことを大変嬉
しく思っております。ステーキングとDAppsの世界的な普及を加速していくためにも、
今後Shiden Networkとのコラボレーションを是非ご期待ください。

Moonstakeについて

Moonstakeは、世界のリーディングステーキングサービスプロバイダーとして、法人及
び個人向けの分散型ウォレットサービスの開発と運用を行っています。

2020年8月よりステーキング事業を本格化。世界中のユーザーから支持を集め、総ステ
ーキング資産は18億ドル(約2000億円)に上ります。2021年6月に、世界1万5000のス
テーキング・プロバイダーで3位にランクインを果たしました。

これまで、Cardanoの構成組織であるEmurgoやTRON、NEOら主要ブロックチェーンを含
め、約30のパートナーシップを通じたビジネスやエコシステム拡大を図ってきました
。2021年5月には、シンガポール証券取引所の上場企業”OIO Holdings Limited”の100%子会社となり、一層の事業の拡大と信頼性の向上に努めています。https://moonstake.io/ja/

Astar Network(旧Plasm)およびShiden Networkについて

Astar Network(旧Plasm)はパブリックブロックチェーンの直⾯している⼤きな課題で
あるインターオペラビリティとスケーラビリティの解決を目指す⽇本発パブリックブ
ロックチェーンです。異なるブロックチェーンをつなぐPolkadotに接続することでこ
れらの問題を解決します。(ShidenはAstarと同様の機能をもち、Polkadotの姉妹チェ
ーンであるKusamaに接続します)また、Ethereum Virtual Machineをサポートしてお
りEthereum上にデプロイされたスマートコントラクトをAstar Network/ Shiden
Network上で使⽤することも可能です。

2021年1⽉には世界で初めてPolkadotのテストネット接続に成功、過去にはPolkadotエ
コシステム内で最多となる全7回の助成⾦をPolkadotの開発主体から獲得、トークン配
布では約65億円相当のETHがスマートコントラクトにロックされるなどの実績を持って
います。また、Binance, OKEx, Huobi, Fenbushi, HashKeyといった世界的に著名な投
資家から出資を受けています。

会社名:Stake Technologies Pte Ltd
所在地:63 Chulia Street Singapore #15-1
代表者:CEO 渡邉創太
プロダクトURL: https://astar.network/
Twitterアカウント: https://twitter.com/AstarNetwork
※内容は変更される可能性がございます。




Source: Moonstake



Copyright 2021 JCN Newswire . All rights reserved.