synapticEx

Kaufman Adaptive Moving Average (KAMA) - Multi TF - synapticEx

Developed by Perry Kaufman, Kaufman's Adaptive Moving Average ( KAMA ) is a moving average designed to account for market noise or volatility .

MT4 version is available on synapticex.com/software.html
オープンソーススクリプト

TradingViewの精神に則り、このスクリプトの作者は、トレーダーが理解し検証できるようにオープンソースで公開しています。作者に敬意を表します!無料で使用することができますが、このコードを投稿で再利用するには、ハウスルールに準拠する必要があります。 お気に入りに登録してチャート上でご利用頂けます。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。

チャートでこのスクリプトを利用したいですか?
study(title="Kaufman Adaptive Moving Average", shorttitle="KAMA", overlay=true)
length = input(14, minval=1) 
fastMA = input(2, minval=1)
slowMA = input(30, minval=1)
src = input(title="Source", type=source, defval=close)
tf = input(title="Resolution", type=resolution, defval = "current")

volatility = sum(abs(src-src[1]), length)
change = abs(src-src[length-1])
er = iff(volatility != 0, change/volatility, 0)

fastSC = 2/(fastMA+1)
slowSC = 2/(slowMA+1)
sc = pow((er*(fastSC-slowSC))+slowSC, 2)

kama = nz(kama[1])+(sc*(hl2-nz(kama[1])))

kamaR = security(tickerid, tf == "current" ? period : tf, kama)
plot(kamaR, color=white, title="KAMA", trackprice=false, style=line)