bakuage87021

Macaron Dream target03

Macaron Dream for Binance target03

(1)Strategy overview
A contrarian strategy that combines a zigzag indicator and a Fibonacci retracement . By implementing a harmonic pattern and mechanically issuing trading / settlement signals, it is possible to adjust to a strategy with a high winning rate.

(2)Explanation of parameters (functions) and benefits
  • a. Zigzag indicator setting
    You can adjust the zigzag interval by adjusting the "deviation" and "depth". This allows you to discover the best strategies for past charts for currency pairs and exchanges.

  • b. 54 types of harmonic patterns
    Harmonic pattern is one of the pattern analysis using Fibonacci numerical value, which is a popular analysis method mainly in Europe and the United States. It seems that the more beautiful the harmonic pattern shape, the higher the winning percentage. This time, we have implemented 54 types of harmonic patterns . By using the ON / OFF function, you can use the strategy tester to find out which combination of harmonic patterns has the highest win rate and the highest profit rate.

  • c. Backtest periods
    By narrowing down the backtest period, you can perform backtesting using past charts within a certain period. The maximum duration depends on your TradingView subscription plan.

  • d. Amount management / unit price(%)
    By checking "Amount management", the unit price per entry will be determined according to the current amount of money you have, including the initial funds and the profit and loss from trading. If checked "amount management", you can always make a well-balanced investment in your money. It will be a lot of unit price as much as you make a profit. If unchecked, the unit price per entry will always be for the initial funding.

  • e. Entry Window(from / to)
    Set the width of the entry point. By entering the Fibonacci rate (from ~ to), you can give a wider range to the entry point. In the case of cryptocurrencies, the volatility is high, so setting a large Fibonacci rate tends to make relatively profitable.

  • f. Take Profit
    Set the points (Fibonacci rate) for profit settlement. This makes it possible to signal a profit settlement. A pre-optimized number is set as the default value.

  • g. Trail Offset
    Set the offset value (Fibonacci rate) of the trailing stop. You can enable trailing stops by setting this. This makes it possible to stop trailing with TradingView even on exchanges that do not have a trailing stop function.

  • h. Stop Loss
    Set the points (Fibonacci rate) for loss cut settlement. This makes it possible to signal a loss cut settlement. A pre-optimized number is set as the default value.

  • i. Average True Range (ATR)
    The higher the number, the more you can filter to buy and sell signals with high volatility only. This allows you to ignore trading signals due to small volatility and adjust to a strategy aimed at higher profit and loss.

  • j. Buy or Sell / Settlement Signal
    By utilizing the alert settings, you can perform automatic trading through the API corresponding to the exchange triggered by Websoket or Webhook. In order to perform automatic trading, it is necessary to separately prepare a platform (generally a Python execution environment etc.) that supports this. If you need a platform, I will provide it at the time of purchase.

(3)Points to remember
  • Keep in mind that this is a backtest based on past charts. Good backtesting results based on past charts do not mean that they will be good in the future.
    The recommended tuning method is to confirm that the profit margin is good on average by narrowing down the backtest period to one month.
  • It does not correspond to both buildings. This is due to the current specifications of TradingView, but it's not necessarily a bad thing. If the chart moves in the opposite direction to the direction of buying and selling and an unrealized loss occurs, the loss tends to be reduced by buying and selling in the opposite direction before maximizing the loss (Stop Loss).

---(Japanese Langage)---
(1)ストラテジー概要
ジグザグインジケーターとフィボナッチリトレースメントを組み合わせた逆張りストラテジーです。ハーモニックパターンを実装し機械的に売買・決済シグナルを出す仕組みにすることで、高勝率なストラテジーに調整することができます。


(2)パラメータ(機能)とメリットの説明
  • ①ジグザグインジケーター設定
    「偏差」と「深さ」の調整を行うことでジグザグの間隔を調整することができます。これにより、通貨ペア/取引所に対し過去のチャートにおける最適なストラテジーを発見することができます。

  • ②54種類のハーモニックパターン
    ハーモニックパターンとは欧米を中心に人気がある分析方法でフィボナッチの数値を利用したパターン分析の一つです。綺麗なハーモニックパターン形状であればあるほど高勝率になると言われています。今回、54種類のハーモニックパターンを実装しました。ON/OFF機能を利用することで、どのハーモニックパターンの組合せが最も勝率が高く、且つ、利益率が高いかをストラテジーテスターを用いて発見することができます。

  • ③バックテスト期間
    バックテスト期間を絞り込むことで、一定期間内の過去のチャートを用いたバックテストを行うことができます。最大期間はTrading Viewサブスクリプションのプランに依存します。

  • ④金額管理 / 単位価格(%)
    「金額管理」にチェックを入れることで、初期資金からトレードによる損益を加味した現在の所持金に応じて1エントリー当たりの単位価格が決まります。「金額管理」を用いることで、常に所持金に対してバランスの良い投資が可能です。利益を得た分多くの単位価格となります。チェックを入れない場合は、1エントリー当たりの単位価格は、常に初期資金に対するものとなります。

  • ⑤エントリーウィンドウ(from / to)
    エントリーポイントの幅を設定します。フィボナッチリトレースメントのフィボナッチ率(from ~ to)を入れることで、エントリーポイントに幅をもたせることができます。暗号通貨の場合、ボラティリティが高いため、フィボナッチ率は大きめに設定することで比較的収益を上げることができる傾向にあります。

  • ⑥Take Profit
    利確決済をするポイント(フィボナッチ率)を設定します。これにより、利確決済のシグナルを出すことが可能です。予め最適化した数値がデフォルト値として設定されています。

  • ⑦Trail Offset
    トレーリングストップのオフセット値(フィボナッチ率)を設定します。これを設定することで、トレーリングストップを有効にすることができます。これにより、トレーリングストップ機能がない取引所でもTrading Viewによるトレーリングストップが可能となります。

  • ⑧Stop Loss
    損切決済をするポイント(フィボナッチ率)を設定します。これにより、損切決済のシグナルを出すことが可能です。予め最適化した数値がデフォルト値として設定されています。

  • ⑨アベレージ・トゥルー・レンジ (ATR)
    より高い数値にするほど、高いボラティリティのみの売買シグナルにフィルターすることができます。これにより、小さなボラティリティによる売買シグナルを無視することができ、より高い損益を狙ったストラテジーに調整することができます。

  • ⑩売買・決済シグナル
    アラート設定を活用することで、Websoket、Webhookをトリガーに取引所に対応したAPIを通じて、自動売買を行うことができます。自動売買を行うには、これに対応したプラットフォーム(一般的にPython実行環境など)を別途用意する必要があります。本スクリプトご購入に合わせてプラットフォームをご提供いたします。

(3)留意点
  • あくまで過去のチャートに基づいたバックテストであることに留意してください。過去のチャートに基づくバックテスト結果がよかったからと言って、将来もよいとは限りません。
    推奨するチューニング方法は、1ヶ月単位に期間を絞るなどして、平均的に利益率がよいことの確認をすることです。
  • 両建てには対応していません。これは、Trading Viewの現在の仕様によるものですが、必ずしも悪いことではありません。仮に売買した方向と逆にチャートが動き、含み損が発生した場合、損失を最大化する(損切)前に反対方向に売買することで、損失が軽減される傾向にあります。

招待専用スクリプト

このスクリプトへのアクセスは作者が許可したユーザーに制限されており、通常はお支払いが必要です。お気に入りに追加することはできますが、許可を申請して作者が許可した後でなければ使用することはできません。 詳細については bakuage87021 にお問い合わせいただくか、以下の作者の指示に従ってください。

スクリプトの作者を100%信頼され、スクリプトの動作を理解されるまでは、スクリプトに代金を支払って利用される事をTradingViewはお勧めしません。そして多くの場合、公開ライブラリでオープンソースの無料の代替品を見つける事ができます。

作者の指示

This script is charged. If you are considering purchasing, please contact us at the following. 本スクリプトは有料です。ご購入をご検討の際は、下記URLをご覧ください。 https://macaron-dream.stores.jp/

チャートでこのスクリプトを利用したいですか?

注: アクセス権をリクエストされる前にご覧ください