FX365_Thailand

Multi-Function RCI(strategic signal,alert and divergence)

Japanese below / 日本語説明は下記

Overview
Multi-function RCI indicator with functions below.

1.Multiple signals according to conditions where 3 RCI lines cross

2.Alert when signals triggered

3.Auto divergence drawing


What is RCI?
RCI is one of the oscillator indicators such as RSI and stochastic , measuring overbought/oversold. While RSI and stochastic measures overbought/oversold by price axis, RCI measures by price and time axis.

Please see the details below.


Functions:

1.Multiple signals according to conditions where RCI 3 lines cross

There is two types of signals available in this indicator
A. Overbought/oversold signals
B. Strategic signals

A. Overbought/oversold signals
These signals are displayed when each RCI line crosses upperband/lowerband.
Conditions are as follows:

-RCI(Short) cross over/under upper band
-RCI(Short) cross over/under lower band

-RCI(Middle) cross over/under upper band
-RCI(Middle) cross over/under lower band

-RCI(Long) cross over/under upper band
-RCI(Long) cross over/under lower band

Upper band and lower band can be parameterized.


<How to use it?>
a. Cross over upper band/Cross under lower band:
These signal are good to judge trend maturity. Once trends get matured, market usually goes into sideways and lead to trend reversal.

b. Cross under upper band/Cross over lower band:
These signal are good to catch trend reversal.

The longer RCI period gets, the bigger price movement gets.


Sample chart
RCI (middle,dark blue) and RCI (Long, magenta) crosses over/under upper band/lower band


B. Strategic signals
Strategic signals are more appropriate to judge timing to enter a trade.
Signals will be appeared when conditions below met with option to select signal sensitivity.


<Sensitivity: Standard>
<Bullish>
-RCI(Short) crosses over RCI (Middle)
-RCI(Middle) crosses over RCI (Long) and RCI (Long) is below zero line
-RCI(Short) crosses over RCI (Long) and RCI (Long) is below zero line


<Bearish>
-RCI(Short) crosses under RCI (Middle)
-RCI(Middle) crosses under RCI (Long) and RCI (Long) is below zero line
-RCI(Short) crosses under RCI (Long) and RCI (Long) is below zero line


<Sensitivity: Advanced>
With signal sensitivity “Advanced” selected, signals will be displayed when conditions above are met above upper band or below lower band.


Advanced mode is more suitable to aim bigger trend while standard mode is for short term up/down movement.

Signal sensitivity is designed for users to select depending on their trading style(Day trading, swing trading, scalping) and strategy.


<How to use it?>
Once strategic signals triggered, prepare for trend reversal, observing price action.

The two charts below describe how different signal sensitivity makes.


Sample chart(Standard)
RCI (middle, dark blue) and RCI (long,magenta) cross signals are displayed as an example



Sample chart( Advanced )
RCI (middle, dark blue) and RCI (long,magenta) cross signals are displayed as an example



As you can see, advanced mode is more suitable to aim big movement as RCI cross happens after maximum stretch, while standard is good to catch smaller wave.


2.Alert when signals triggered
Alert can be set with above-mentioned signal conditions.


3.Auto divergence drawing
Divergence line will be automatically drawn as per the logic below.
Also, users can select which RCI line(Short/middle/long) will be targeted to detect divergence.

Bearish : When two consecutive pivot highs go up but RCI values corresponding to each high go down.
Bullish: When two consecutive pivot lows go down but RCI values corresponding to each low go up.
Pivot highs(lows) are identified when those are preceded by n lower highs(lows) and proceeded by n lower highs(lows).
* n is parameterized.

See the diagram below.

<Divergence example>


How to access this indicator?
This indicator is paid and invited-only indicator.
Please see the instruction below.

Comment section is only for comments on the indicator or updates. Please refrain from contacting me using comments to follow TradingView house rules.


———————————————————————————————————————

多機能RCIインジケーターです。以下の機能が搭載されています。

1.複数タイプのシグナル表示(シグナル感度制御付き)
2.アラート設定
3.ダイバージェンス自動描画


RCIとは?
RCIはRSIやストキャスティクスと同様に買われすぎ・売られすぎを数値化するオシレーター系インジケーターの一つです。
RSIやストキャスティクスが価格軸だけを元に買われすぎ・売られすぎを数値化するのに対して、RCIは価格と時間軸の双方を考慮して買われすぎ・売られすぎを数値化するという違いがあります。


機能詳細は以下の通りです。


機能詳細
1.複数タイプのシグナル表示(シグナル感度制御付き)
3本のRCIとアッパーバンド・ロワーバンドとの交差条件で異なるシグナルを表示することができます。

このインジケーターには以下の2つのタイプのシグナルが存在します。
A. 買われすぎ/売られすぎシグナル
B. ストラテジーシグナル

A. 買われすぎ/売られすぎシグナル
RCIと買われすぎ・売られすぎの水準であるアッパーバンドとロワーバンドとのクロスでシグナルを表示します。


条件:
RCI (短期)がアッパーバンドを上抜いた時または下抜いた時
RCI (短期)がロワーバンドを下抜いた時または上抜いた時

RCI (中期)がアッパーバンドを上抜いた時または下抜いた時
RCI (中期)がロワーバンドを下抜いた時または上抜いた時

RCI (長期)がアッパーバンドを上抜いた時または下抜いた時
RCI (長期)がロワーバンドを下抜いた時または上抜いた時

アッパーバンドとロワーバンドはパラメータ設定可能です。(初期値は80と-80%)


<使い方>
A.アッパーバンドの上抜け/ロワーバンドの下抜け
トレンドの過熱感・成熟度の判断に使用。一般的にはトレンドが成熟しきった後に天井圏や底値圏を形成し、その後トレンド転換が発生します。

b.アッパーバンドの下抜け/ロワーバンドの上抜け
トレンド転換のタイミングを図るのに使用。


サンプルチャート
RCI中期(青)・長期(マゼンタ)が上下バンドを上抜いた時、下抜いた時



B. ストラテジーシグナル
3本のRCIの交差条件で発生するこのシグナルは相場の反転が期待できるシグナルということで、よりトレード機会の判断に向いています。
またシグナル発生の感度を、StandardとAdvancedの二つから選択することができます。


シグナル条件:

<シグナル感度: Standard>

<上昇示唆>
RCI (短期)がRCI(中期)を上抜いた時
RCI (中期)がRCI(長期)を上抜いた時かつ、RCI(長期)がゼロラインより下にある時※
RCI (短期)がRCI(長期)を上抜いた時かつ、RCI(長期)がゼロラインより下にある時
※ノイズを除去するため

<下落示唆>
RCI (短期)がRCI(中期)を下抜いた時
RCI (中期)がRCI(長期)を下抜いた時かつ、RCI(長期)がゼロラインより上にある時
RCI (短期)がRCI(長期)を下抜いた時かつ、RCI(長期)がゼロラインより上にある時


<シグナル感度: Advanced>
Advancedの場合は、RCIがアッパーバンドより上にある状態で上記の条件が満たされるか、ロワーバンドより下にある状態で上記条件が満たされた場合にのみシグナルが表示されます。


Advancedはよりトレンドの転換や大きな波を狙うのに適したものであるのに対し、Standardはより細かい動きを狙うためのシグナルとなるように設計しています。

この辺りの好みはトレードスタイルや狙いに応じて異なるため、トレーダーが各自選択できるように汎用的な作りとなっているのが特徴です。



ストラテジーシグナルが現れたらトレンド転換の可能性に備え、プライスアクションを見ながらトレードタイミングの判断を行います。
以下の二つのチャートでStandardとAdvancedモードで発せられるシグナルの違いが確認できます。


サンプルチャート(Standard モード)
中期RCI(青)と長期RCI(マゼンタ)の交差



サンプルチャート( Advanced モード)
中期RCI(青)と長期RCI(マゼンタ)の交差



AdvancedモードではRCIが最大限伸びたところからの交差を捉えているため、より大きな波を捉えられる一方で、Standardモードではより細かい波を捉えられることが確認できます。



3.ダイバージェンス自動描画機能

以下のロジックに基づきダイバージェンスを自動描画します。(初期表示:非表示)

下降示唆:2つの連続する高値(*)が切り上げられているが、 それぞれの高値に対応するRCIの値は切り下げている場合
上昇示唆:2つの連続する安値(*)が切り下がっているが、 それぞれの安値に対応するRCIは切り上がっている場合

*高値(安値)は、左右n本(**)ずつのローソク足の高値(安値)より高い(低い)高値(安値)をピボットハイ・ローとして算出しています。
** nはユーザ設定値です。



サンプルチャート


高値PL1はPL1の安値より左側にn個のより低い安値、右側にn個のより低い安値があった場合に安値として認識されます。

上記の例では安値がPL1>PL2と切り下がっていますが、対応するRCIの値はvalue1<value2と切り下がっているためダイバージェンスと認識されダイバージェンスラインが自動描画されます。

このようにロジックに基づいてダイバージェンスを認識してライン描画するため、肉眼で捉える場合より正確なダイバージェンスが把握できるでしょう。


言うまでもないことですが、ダイバージェンスが出たから逆張り、などの安易な発想は避けるべきです。

環境認識の一つの要素として見るべき指標でしょう。



インジケーターの使用について
当インジケーターは招待制インジケーター(有料)となっています。
使用を希望される方は以下の指示欄をご確認ください。

このページのコメント欄はインジケーターそのものに対するコメントやアップデートの記載のためのものとなっております。Tradingviewのハウスルールを守るためにもコメント欄からの連絡はご遠慮ください。
リリースノート: Added an option to change background color when three RCI lines are above/below upper/lower bands which is considered trend excess.

3本のRCIが全てアッパーバンドの上または全てロワーバンドの下にあるときに、トレンドの過熱感示唆のために背景色が変わるオプションを追加しました。


■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■Editor's Pick
https://bit.ly/3pkLCEl

■Blog
https://bit.ly/2VPAMJk

■Indicator
http://bit.ly/3lmWYFk

■Membership
https://bit.ly/3zvLkPG
招待専用スクリプト

このスクリプトへのアクセスは作者が許可したユーザーに制限されており、通常はお支払いが必要です。お気に入りに追加することはできますが、許可を申請して作者が許可した後でなければ使用することはできません。 詳細については FX365_Thailand にお問い合わせいただくか、以下の作者の指示に従ってください。

スクリプトの作者を100%信頼され、スクリプトの動作を理解されるまでは、スクリプトに代金を支払って利用される事をTradingViewはお勧めしません。そして多くの場合、公開ライブラリでオープンソースの無料の代替品を見つける事ができます。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。

作者の指示

This indicator is paid and invited-only indicator. To get immediate access, please sign up the link below. https://bit.ly/3IFN For any inquiries, please DM me. 当インジケーターは招待制インジケーター(有料)となっています。 使用を希望される方は上記のリンクからサインアップをお願いします。 質問があればプライベートチャットでご連絡ください。

チャートでこのスクリプトを利用したいですか?

注: アクセス権をリクエストされる前にご覧ください