kowatasan

LIZ W Standard

Each hourly foot can display the moving average line for the same period of time in the same color.
The average moving line that you want to see is displayed by time leg, as well as the long-term Bollinger band that should be noticed by the time leg.

1. You can get a lot of useful information at a glance by displaying the moving average line of the long-term and period setting that many traders are aware of.
 ○ The period setting of the moving average line displayed in each time and foot is not fixed as usual, but changed the period by time and foot, and the moving average line of the same color
  is the same.
  It is a moving average line of time (for example, an hourly average line and a four-hour average line).Therefore, the market price is always the same even if the time to see changes
  You can see it on a scale.It doesn't happen when you look at it in five minutes, but when you look at it in four hours, it looks like a downward trend.

○ The sensitivity of the rate to the moving average line displayed is very high.
  You can see how rate moves, such as trends, are determined, and you can see reality in abstract chart moves
  I can feel it.Purple 24 hours (one day) moving average line with 1 minute to 4 hours of foot, Green 1 week moving average line with 5 minute to day.
  The sensitivity to the Blue Monthly Movement Average Line, which is displayed from 5 mins to 5 weeks, and Red One Year Movement Average Line, which is displayed from 1 hour to 5 weeks,
  is very high.
  Just look at whether the rates are moving up or down the moving average line and you'll be able to decide what to look for.

○ What is the positional relation between the moving average line of seven (eight in addition to the weekly moving average line) in the short, short, medium, medium, long, and long periods?
  To make the direction and intensity of the trend easier to recognize, it is colored between moving averages to be visible as short- and medium-term clouds.
  The three clouds changed color to warm rising clouds and cold falling clouds, depending on the relation of the moving averages.
  ·Strong upward trend rates when all clouds are unified in either upward or downward direction and are arranged in the order of short-term, medium-term or long-term clouds
  ·The thickness of the clouds is strong, and when the thickness is increased, the trend rate is strong.
  ·Trendless market when clouds overlap or the colors of the clouds are mixed
  • Range price when rates are moving back and forth between clouds
  You can visually and intuitively understand the market conditions, such as .

○ Short-term, short-term, medium- and short-term positional relationships will indicate the timing of the entry payment and the direction of the long-short.It's also written.
  In conjunction with this, the duration for which the background color should be long changes to light warm color and warm color, and the duration for short changes to light cold and cold
  color.

2. The envelope indicating the deviation from the moving avarage line should be changed depending on the investment target and time scale.

This indicator displays the appropriate envelope line depending on the brand and time you want to analyze, because it presets those settings.

You can also adjust envelope settings according to your market environment, so you can always display lines that fit your current situation.



各時間足で同じ期間の移動平均線が同じ色で表示できます。
時間足によって見たい複数の移動平均線が表示される他、その時間足で意識すべき期間設定された長期ボリンジャーバンドも表示されます。

1.長期間でかつ多くのトレーダーが意識する期間設定の移動平均線が表示される事で
 以下の有益な情報を一目で得る事ができます。

 ○各時間足に表示される移動平均線の期間設定は、通常のように期間を一定にするの ではなく、期間を時間足毎に変え同色の移動平均線は同じ時間の移動平均線
(例えば1時間平均線、4時間平均線というように。)としてあります。

このため、見る時間足が変わっても、相場を常に同じ尺度で眺める事ができます。
「5分足では上昇トレンドに、4時間足では下落トレンドに見える。」
という事が起こりません。

 ○表示される移動平均線に対するレートの感応度は非常に高く、移動平均線にレ-ト
  が差し掛かると抵抗を受け反発したり移動平均線を抜けると、勢いよくトレンドが
  発生するなど、レートの動きがどのようにして決まっているかを実感でき、抽象的
  だったチャートの動きにリアリティーを感じる事ができます。 
 
  特に1分足から4時間足まで表示される紫24時間(1日)移動平均線、5分足から
  日足まで表示される緑1週間移動平均線、5分足から週足まで表示される青1ヶ月 
  移動平均線、1時間足から週足まで表示される赤1年移動平均線に対する感応度は
  非常に高く、それぞれの移動平均線の上下どちらでレートが推移しているかを見る
  だけで、買い目線売り目線の決定ができます。

 ○短々期、短期、中短期、中期、中長期、長期、長々期の7本
 (週足だけはそれに加え最長期の8本)の移動平均線がどのような位置関係にあるか
  によってトレンドの方向と強さが認識しやすいよう移動平均線間に着色し短期雲、
  中期雲として意識できるようになっています。

  3つの雲は移動平均線の関係によりそれぞれ暖色の上昇雲、寒色の下落雲に色が変わり、

  ・全ての雲が上昇下落どちらかに統一されで短期雲、中期雲、長期雲という順に並
   んでいる時は強い上昇トレンド相場

  ・雲の傾きがきつく厚みがしっかりしている、厚みが増している時は強いトレンド相場

  ・雲が重なったり、各雲の色がまちまちの時はトレンドレス相場

  ・雲と雲の間をレートが行ったり来たりしている時はレンジ相場

   など、視覚的直感的に相場の状況が理解できます。

表示が可能な時間足は1分、5分、15分 30分、60分、4時間、1日、1週間(合計8つ)です。


2.移動平均線からの乖離を示すエンベロープは、銘柄や時間足に応じて設定を変える必要があります。

このインジケーターはそれらの設定をプリセットしている理由で、あなたが分析したい銘柄と時間足に応じて、適切なエンベロープラインを表示してくれます。

またマーケット環境に応じてエンベロープの設定をアジャストできますので、常に現在の状況にフィットしたラインを表示する事が可能です。
招待専用スクリプト

このスクリプトへのアクセスは作者が許可したユーザーに制限されており、通常はお支払いが必要です。お気に入りに追加することはできますが、許可を申請して作者が許可した後でなければ使用することはできません。 詳細については kowatasan にお問い合わせいただくか、以下の作者の指示に従ってください。

スクリプトの作者を100%信頼され、スクリプトの動作を理解されるまでは、スクリプトに代金を支払って利用される事をTradingViewはお勧めしません。そして多くの場合、公開ライブラリでオープンソースの無料の代替品を見つける事ができます。

作者の指示

Please send direct mail on tradingview インジケーターに興味がある方はダイレクトメールでお問い合わせください。

チャートでこのスクリプトを利用したいですか?

注: アクセス権をリクエストされる前にご覧ください

投資に必要十分な5つのオリジナルインジケーターを使いながら、トレードの基礎から応用までを学べる、オンライントレード講座を行っています。
ご興味ある方はこちらのサイト経由でライン公式にお集まりください。https://peraichi.com/landing_pages/view/1jcb1/
5月から無料zoom勉強会を開始します!
無料チャットルームhttps://jp.tradingview.com/chat/#yTiVJ5p6yvTeiJ6n