spark image
Photo: Shubham Dhage / Unsplash

eコマース暗号資産: 買い物療法もデジタル化

11シンボルアップデート済
テスラがドージコインを受け入れる?ショッピファイがビットコインを受け入れる? ー その通りです。一部の企業では暗号資産が現実的な支払い方法として急速に普及しつつあります。ブロックチェーン技術により、既存のパイプラインに暗号資産を追加することが容易になり、手数料の削減、匿名取引、詐欺防止といった利点もあります。しかし、どんなコインにも表裏はつきものです。暗号資産を使用する買い物客は、価格変動にさらされる可能性があり、不換紙幣を使用する場合には、典型的な購入者保護を受けられない可能性もあります。とはいえ、技術の進化が続けば、eコマースの企業はさらなる発展を目指すでしょうし、そこにはまだまだ大きい可能性が秘められています。だから、目を離さずにはいられないのです。このスパークでは、eコマース向けのコインをリストアップし、ポートフォリオのカートに入れるための「早割」オプションもご紹介しています。

以下のシンボルは、eコマースや小売用途に設計された事例を持つ暗号トークン、および/または商業の分散化を目的としたプロジェクトの一部を成しているものとなっています。ただし、これらはTradingViewのデータに基づいて作成されたものであり、バスケットに追加する前に必ずご自身で調査を行う必要があります。

次回決算

次の14日間で決算発表の予定はありません

次回配当

今後14日間で配当の発表は予定されていません。

ニュース

本日のニュースはありません
世界情勢についての最新情報はないようです