‘resolution’の設定を変更しましたが、インジケーターに‘n/a’が表示されます

一部のTradingViewインジケーターには、MTF機能を有効にする ‘resolution’ の設定があります。この設定により、現在チャートの時間足とは異なる時間足でインジケーターを計算する事ができます。MTF機能の詳細については、ヘルプセンターをご覧ください。

1分足チャートを開いて、5分足のデータに基づいて計算される移動平均 (MA) インジケーターを追加してみます。次の様に表示されます:

左上部分で確認できるように、MAインジケーターには数値ではなく n/a が表示されます。これはなぜ起こるのでしょうか?

インジケーターが5分足のデータを要求すると、5分毎に1つのMA値を取得します。一方チャートでは、この場合1分ごとに1本のバーが形成されますので、チャート自体のデータはインジケーターの5倍です。つまり、5つのバーに対してMA値は1つのみとなります。

この場合インジケーターを描画するために、5本おきのバーにMA値を配置してそれらを直線で接続します。最終的に、5番おきのバーにMA値が関連付けられている比較的スムーズなMAが得られますが、その間のすべてのバーには値がなく、代わりに n/a が表示されます。

設定でインジケーターのスタイルを「区切り付きライン」に変更すると、実際の値がどこにあるかを確認する事ができます。このスタイルの場合、値は線で結ばれなくなります。

リアルタイムデータでは、インジケーターは、インジケーターの時間足で最後にクローズした利用可能なバーまでが描画されます。この例では、インジケーターの基準となる5分足のバーがまだクローズしていないため、MA値はチャートのバーより1〜4本遅れます。5分足のバーがクローズするとすぐに新しい値が表示されます。これは5分ごとに1回発生します。

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト