アラートの設定方法

アラートは、データ系列、インジケーターのプロット、ストラテジーの注文、及び描画オブジェクトに作成することができます。データ系列のアラートは時間足に依存しませんが、インジケーターとストラテジー、描画のアラートは、それらを計算する際に考慮されるため、時間足に依存します。

注! アラートの作成後にインジケーターのパラメーターを変更された場合でも、アラートは古い設定を使用してトリガーされます。

アラートの設定方法はいくつかあります:

1. 上部ツールバーのボタンから:

2. アラートマネージャーウィンドウのボタンから:

3. 右クリックメニューから:

4. 描画パネルのボタンから:

5. 価格スケールのカーソル位置の価格の横にあるプラスボタンから:

6. ショートカットキーで: ALT + A (Windows) または ⌥ + A (Mac)

7. アイデアのタイトル部分のボタンで:

8. シンボルページのボタンで:

アラートの機能

アラートを作成する際には、以下の設定が可能です:

  • トリガー条件 — アラートの出現タイミングを決定します。
  • 頻度 — アラートを1回だけトリガーするか、複数回トリガーするかを設定します。
  • タイマー — アラートが自動的に停止されます。タイマーの有効期限に達すると、アラートは自動的にオフになります。
  • アラート名 — アラートを識別しやすくするために、アラートマネージャに表示されるアラート名です。
  • メッセージ — アラートがトリガーされたときに表示されるメッセージです。特別なプレースホルダを使用して、アラートメッセージの変数の値にアクセスすることも可能です。

アラートのアクション

アラートが発動した際の通知方法には、以下のオプションをご利用頂けます:

  • アプリに通知 — 携帯電話でアラート通知を受けるには、まず最新のTradingViewアプリを AppStore または Google Playからダウンロードして下さい。
  • ポップアップ表示 — アラートがトリガーされるとポップアップメッセージが表示されます。このオプションを有効にすると、他のタブで閲覧している場合でもポップアップメッセージが表示されます(この機能を正常に動作させるには、TradingViewのデスクトップ通知の表示を許可してください)。
  • Eメールを送信 — アラートがトリガーされるとEメールが送信されます。TradingViewのプロフィール設定のEメールアドレスが使用されます。
  • Webhook URLWebhookを使用して、アラートがトリガーされるたびに特定のURLにPOSTリクエストを送信することができます。
  • サウンドを鳴らす — アラートがトリガーされた時に音が鳴ります。
  • Eメール-to-SMSを送信 — 携帯電話で通知を受け取る場合にこのオプションを使用します。Eメール-to-SMSは、インターネットから携帯電話にテキストメッセージ(SMS)を送信するための最も簡単な方法です。電話番号@携帯キャリアドメインの形式のEメールアドレスが該当します。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト