FXクロスレートウイジェット

FXクロスレートウィジェットは、選択した通貨をメジャー通貨と比較した、ひと目で確認できるリアルタイム価格を表示します。関連する通貨を選び、自分だけのレート表を作りましょう!わずか数クリックで。

埋込みコード

設定

よくあるご質問

データやインジケータの値を取得するには、APIにアクセスする必要があるのか。
当社にはデータにアクセスできるAPIはありません。当社のREST APIは、当社の取引プラットフォーム上でサポートされることを望むブローカー仕様となっています。
データをエクスポート/ダウンロードしたいです。
現時点では、TradingViewからデータをダウンロードやエクスポートすることはできません。
ウィジェットからTradingViewのブランディング(ロゴ、名前)を削除/変更したい、或いは逆に自身のものに追加したい。
いくつかのオプションがあります。widgets@tradingview.comまでご連絡ください。
TradingViewへの帰属表示(テキストやウィジェット下のリンク)を変更/削除したいのですが。
いくつかのオプションがあります。widgets@tradingview.comまでご連絡ください。
いくつか色やフォントサイズを変更したいです。
利用可能なすべてのウィジェット設定は、ポイント・アンド・クリック・コンストラクタに表示されます。あなたが変更したいものがそこに無い場合は、widgets@tradingview.comまでご連絡ください。
ウィジェットが異なる画面サイズに適応していません。どうしたらよいか?
自動サイズ設定を使用してください。自動サイズ調整がオンの場合、ウィジェットは、囲み要素の幅および/または高さの100%を使用します。ウィジェットが正しく機能するためには、ある一定の親要素の高さを設定することがとても重要です。
ユーザーがウィジェット内のシンボルをクリックすると、TradingViewの代わりに自分のサイトのチャートページが開くようにしたい。
フルサイズチャートURLというフィールドをご使用ください。そのフィールド内にあなたのサイトのチャートページへのリンクを貼ると、TradingViewの代わりにリダイレクトされるようになります。
適切な例 - ホームページにFXクロスレートウイジェットを置き、それをクリックすることでユーザーがあなたのサイトのそれぞれのチャートページへ行けるようにします。例 - https://yoursite.com/?tvwidgetsymbol={symbolname}。もしくは、代わりに{tvexchange}:{tvsymbol}テンプレートを使用して - https://yoursite.com/{tvexchange}:{tvsymbol}のようなリンクを作成してください。
埋め込みコードが機能しないのはなぜですか?
動的に生のコードを挿入しようとした場合、ブラウザが埋め込みスクリプトの実行を強制的にブロックすることで問題が発生する事があります。これは例えば、innerHTMLを介したインジェクションが発生したときに起こります。特定のライブラリ(jQueryなど)を使用して動的にコードを挿入しようとする場合にも、ウィジェットの正常な初期化が中断されるケースがあります。サードパーティのインフラによって運営されているサイトにコードを埋め込む場合は、その指示に従うか、そのプラットフォームの開発者に協力を依頼してください。
もっとヘルプが必要なのですが。
widgets@tradingview.comにご連絡ください。
JA 日本語
EN English
EN English (UK)
EN English (IN)
DE Deutsch
FR Français
ES Español
IT Italiano
PL Polski
SV Svenska
TR Türkçe
RU Русский
PT Português
ID Bahasa Indonesia
MS Bahasa Melayu
TH ภาษาไทย
VI Tiếng Việt
KO 한국어
ZH 简体中文
ZH 繁體中文
AR العربية
HE עברית
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイトとブローカー用ソリューション ウィジェット チャートライブラリ お問い合わせ 機能リクエスト ブログ & ニュース よくあるご質問 ウィキ ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い お問い合わせ 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト