全期間

ウォルフ波動

ウルフ・ウェーブは、すべての市場およびすべての時間枠に存在する需要と供給の力によって引き起こされます。ウルフ・ウェーブは、ブライアン・ウルフとビル・ウルフによって初めて発見されました。ウルフ・ウェーブは、5つの波動からなるパターンを形成し、最初の4つでウェッジを形成し、最後の波動でこのウェッジを抜けていきます。この最後の波動が通常トレードされます。ウルフ・ウェーブの原理を使用して、ウェッジ上のポイント1とポイント4の間に線を描き、第5波のブレークアウトの方向にこれを延長することによって第5波の長さを計算できます。これが利益ターゲットラインとして機能します。ウルフ・ウェーブ分析テクニックによって、予想到達価格(EPA)と予想到達時刻(ETA)を予測することができます。  第4波は、第5波で大きく逆方向に動く前に、1から3までのトレンドラインの延長線を超える可能性があります。しかしこの時が、目標利益ラインへのトレードでの理想的なエントリーポイントです。この自然に発生するパターンを定義する具体的なルールがあります。他のトレード方法と同様に、いくつかのバリエーションが存在します。この方法に基づくトレードは通常、利益目標と比較するとタイトストップとなり、リスクリワードレシオが良くなります。
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 番組 使い方 チャート機能 価格 ハウスルール モデレーター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ヘルプセンター 友達紹介 機能リクエスト ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト