HPotter

Camarilla Pivot Points V2

Camarilla pivot point formula is the refined form of existing classic pivot point formula.
The Camarilla method was developed by Nick Stott who was a very successful bond trader.
What makes it better is the use of Fibonacci numbers in calculation of levels.

Camarilla equations are used to calculate intraday support and resistance levels using
the previous days volatility spread. Camarilla equations take previous day’s high, low and
close as input and generates 8 levels of intraday support and resistance based on pivot points .
There are 4 levels above pivot point and 4 levels below pivot points . The most important levels
are L3 L4 and H3 H4. H3 and L3 are the levels to go against the trend with stop loss around H4 or L4 .
While L4 and H4 are considered as breakout levels when these levels are breached its time to
trade with the trend.

WARNING:
- For purpose educate only

Donate BTC: 13fXLkhWuGMXRmcvwkG2gaWKcnsiD88bwE
USDT (TRC20): TH29EEXa19vfwZNYvxdUuMxoFY5QDYLcWG
オープンソーススクリプト

TradingViewの精神に則り、このスクリプトの作者は、トレーダーが理解し検証できるようにオープンソースで公開しています。作者に敬意を表します!無料で使用することができますが、このコードを投稿で再利用するには、ハウスルールに準拠する必要があります。 お気に入りに登録してチャート上でご利用頂けます。

免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。

チャートでこのスクリプトを利用したいですか?