spark image
Photo: Neonbrand/ Unsplash

FMCG銘柄: 消費財投資

13シンボル

詳細

世界には78億人もの人類がおり、誰かがこの大勢の人たちに物を供給する必要があります。そこで、FMCG (消費者向けの低価格製品) の出番となるのです。トイレットペーパーや炭酸飲料は、誰かが生産しなければいけません。このセクターは、低価格で早く売れる日用品を扱っており低成長ではあるものの、ボラティリティが低いために比較的予測がしやすいセクターでもあります。これらの銘柄の中には、巨大なブランド名を持つものもあります。このリストは時価総額とブランドの評判に基づき、厳選して作成されたものです。しかし、FMCGは状況が急速に変化します。私たちだけをあてにせず、常に自分自身で調査してください。