spark image
Photo: Michael Förtsch / Unsplash

プルーフ・オブ・ワーク: 高速処理を抱きしめて

27シンボル

詳細

ビットコインを支える特別なソースであるプルーフ・オブ・ワーク (PoW) 認証は、初期の暗号資産の利用において不可欠なものでした。このアプローチは、検証のアクションを分散化し、ブロックチェーンに干渉しようとする者に対する抑止力として機能します。ここでいう「ワーク」とは、新しいブロックを作成する際に生成される数学的パズルを解くために必要な計算能力のことです。ブロックチェーンにトランザクションが記録されると、そのトランザクションは公開台帳のブロックに一意の識別子、すなわち「ハッシュ」として割り当てられます。このハッシュを生成するには、「ワーク」が必要です。このワークは、採掘者がデータを高速処理して目的の値を生成するという形で行われます。一度解読されると、それを解いた個人やチームに暗号資産の報酬が与えられますが、残念ながらその間に大量のエネルギーが消費されます。このような方法は、プルーフ・オブ・ステーク (Pos) アプローチに取って代わられたと言えますが、PoWは試行錯誤されており、そして非常に安全です。PoWは、ネットワークを保護し、システムに取り組む採掘者にインセンティブを与えることができます。こちらでは、ポートフォリオに加えることができ可能性があるPoWを使用した暗号資産ををいくつかご紹介します。

これらのシンボルはTradingViewのデータに基づいて作成されています。このリストはアドバイスではありませんので、トレードを行われる前には必ずご自身で調査を行ってください。