spark image
Photo: Shubham Dhage / Unsplash

自動運転銘柄: 未来の車

29シンボル
自動運転車や自律走行車は、かつてはSF映画の中の話であり、もっとずっと先の未来に起こることだと考えられていました。しかし今やその未来がやってきました。自動運転車の市場は急速に拡大しており、2028年には9,180億ドル規模になると予想されています。これは、各国の政府が電気自動車などの環境に優しい交通手段に資金を支援している事と一致しており、交通の安全性を高め、移動コストの削減につながると考えられています。

フォードやゼネラルモーターズといった既存の自動車メーカーも、ストップ&ゴー方式のアダプティブ・クルーズ・コントロール (ACC) や自動レーンセンタリング (ALC) といった高度な運転支援技術をはじめとした様々な革新的な自動運転技術を導入し、まさにこの未来に向けて歩みだしています。これらは6段階の自律性尺度のうち「レベル2」と呼ばれるもので、部分的に自動化されているものの、まだドライバーの操作を多く必要とする車です。現在は各メーカーがレベル3の段階を目指しています。これは、道路上で周囲の環境に応じて独自の判断を下すことができる「条件付き自動運転」の車です。

このスパークは、現段階で自動運転レベル2以上の自動運転車の生産に携わっている時価総額40億ドル以上の自動車メーカーで構成されています。ただし、取引を行う前には必ず自動運転をオフにして、必ずご自身で調査してください。