FX365_Thailand

MTF CCI with timeframe control function and signal/alert

Japanese below. / 日本語説明は下記

Summary
This indicator shows CCI of the current timeframe and another CCI from upper timeframe as MTF CCI with ability to show signals and set alerts when crossing upper/bottom bands.

For general use of CCI , please refer to the link below(by TradingView)

https://jp.tradingview.com/scripts/commoditychannelindex/?solution=43000502001


How is it different from other MTF CCI indicators?
Problems with other MTF CCI indicators are;

-If you set higher timeframe CCI (MTF CCI ), it will also be shown on further higher time frames.
i.e. If you set 4hour chart’s CCI on 1 hour or lower time frame charts, it will also appear on daily and weekly chart, which is not necessary.

To tackle these problems, this indicator has incorporated functions below.
-To be able to control timeframes where MTF CCI is displayed to eliminate unnecessary information when you open higher time frame’s charts.
For example, if you select daily timeframe for MTF CCI , the CCI will be shown only on 4 hour or lower timeframes.

These are the values added on this indicator.

Specifications
-This indicator shows one CCI from the current timeframe and another CCI from another timeframe(MTF).
-For MTF CCI , you can select upper timeframe from monthly, weekly, daily, 4hour, 1hour, 30mins, 15mins, 5mins.
Again, if you select weekly for MTF, for instance, then MTF CCI will be displayed on daily or lower timeframes. Other timeframes work same.
-For both CCI (current timeframe) and CCI (MTF), signals will be shown when they cross over/under upper band and lower band, which you can control display on style tab of the indicator.
-Alert can be set same as signal conditions.


Please see the sample chart below.

Brown triangle is signal for CCI (current timeframe) and maroon signal is for MTF CCI .



--------------------------------------------------------------------------------------------------

現在時間軸のCCIと上位足のCCIを表示するマルチタイムフレームCCI(MTF CCI )インジケーターです。アッパーバンド、ロワーバンドと交差した時にシグナルを表示するとともに、アラートの設定も可能です。

CCIの一般的な使い方は以下のリンク(TradingView)を参照ください。
https://jp.tradingview.com/scripts/commoditychannelindex/?solution=43000502001


他のマルチタイムフレームCCIとの違い
他のマルチタイムフレームCCIのインジケーターでは、以下の問題に直面します。

・上位足のCCIを表示すると、さらに上位足でもそのCCIが表示され見にくくなる。

例: 4時間足のCCIを下位足で表示可能な様に設定すると、日足や週足でも表示され、チャートがノイズだらけに・・・


この問題に対して、このインジケーターでは、

・上位足のCCIを表示する時間軸を制御することで上位足で不必要な情報を表示させない。

という機能を加えることでこれらの問題を解決しています。


機能概要
・このインジケーターでは現在の時間軸のCCIと上位足から一つのCCIを表示します。
・上位足は月足、週足、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足から選択することが可能です。
・上位足のCCIは選択した時間軸未満の時間軸に表示されます。

例:
日足のCCI : 4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足チャートにのみ表示
4時間足のCCI : 1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足チャートにのみ表示

・上位足のCCIは選択した時間軸未満の時間軸に表示されます。
・現在時間軸のCCI、MTF CCIともに、アッパーバンド/ロワーバンドと交差したタイミングでシグナルを表示することができます。(アッパーバンド/ロワーバンドそれぞれに対して上に交差、下に交差のタイミングで表示されます。不要なものはスタイル設定画面で非表示とすることができます。)
・シグナルは設定画面で表示・非表示の切り替えができます。
・シグナルと同じ条件でアラート通知の設定が可能です。


サンプルチャート
1時間足に4時間足のCCIを表示したものです。茶色の三角が現在時間軸のCCIのシグナル。赤の三角がMTF CCIのシグナルです。


リリースノート: Added auto divergence drawing function for regular divergence and hidden divergence.

The logic is as follows.


Bearish : When two consecutive pivot highs go up but CCI values corresponding to each high go down.
Bullish: When two consecutive pivot lows go down but CCI values corresponding to each low go up.
Pivot highs(lows) are identified when those are preceded by 3 lower highs(lows) and proceeded by 3 lower highs(lows).



Bearish : When two consecutive pivot highs go down but CCI values corresponding to each highs go up.
Bullish : When two consecutive pivot lows go up but CCI values corresponding to each low go down.


Needless to say, entering a trade with divergence signal does not make sense. Divergence is one of factors for traders to analyze trading environment.

Enjoy!

———————————————————————————————————————

ダイバージェンス自動描画機能を追加

ロジックは下記の通り。

<通常のダイバージェンス>
下降示唆:2つの連続する高値(*)が切り上げられているが、 それぞれの高値に対応するCCIの値は切り下げている場合
上昇示唆:2つの連続する安値(*)が切り下がっているが、 それぞれの安値に対応するCCIの値は切り上がっている場合
高値安値は、左右3本ずつのローソク足の高安値を見るピボットハイ・ローで算出



<ヒドゥンダイバージェンス>
下降継続示唆:2つの連続する高値(*)が切り下がっているが、 それぞれの高値に対応するCCIの値は切り上がっている場合
上昇継続示唆:2つの連続する安値(*)が切り上がっているが、 それぞれの安値に対応するCCIの値は切り下がっている場合


言うまでもないことですが、ダイバージェンスが出たから逆張り、などの安易な発想は避けるべきです。
環境認識の一つの要素として見るべき指標でしょう。
リリースノート: Organized inputs screen design, using new parameter "group".

Pine scriptの新しいコマンド"Group"を使用してパラメータ設定画面のデザインを更新しました。
保護スクリプト
このスクリプトはクローズドソースとして公開されており、自由に利用することができます。お気に入りに登録してチャート上でご利用頂けます。但しこのスクリプトのソースコードを閲覧したり変更することはできません。
チャートでこのスクリプトを利用したいですか?
■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■ブログ
https://bit.ly/2VPAMJk

■Twitter
https://twitter.com/thaikabu365

■インジ
http://bit.ly/3lmWYFk

■note
https://bit.ly/3dMJLDd

コメント