FX365_Thailand

Correlation Coefficient(CC) Dashboard

Japanese below / 日本語説明は下記

This indicator shows Correlation Coefficient ( CC ) in table with two other ticker symbols.

Strength of association is as per Pearson's Correlation Coefficient as follows.

+0.75 ~ +1 : Strong positive correlation
+0.5 ~ 0.75 : Moderate positive correlation
+0.25 ~ 0.5 : Weak positive correlation
0 ~ 0.25 : Neglible correlation
0 : No correlation
-0.25 ~ 0 : Neglible correlation
-0.5 ~ 0.25 : Weak negative correlation
-0.5 ~ -0.75 : Moderate negative correlation
-0.75 ~ -1 : Strong negative correlation

When you want to analyze CC with multiple assets and/or do not want to disturb sub window.


Example1: CC between gold and U.S. 10 year government bond yield and dollar index .

It is easier to grasp with which gold has currently more association in price movement.
In the chart below, we can tell that U.S. 10 year government bond yield has stronger correlation.



Example2: CC between USDJPY and Yen crosses.
If correlation is strong, it indicates that Japanese Yen dominates the movement over the pairs.



----------------------

二つの異なるティッカーコードとの相関係数を表形式でメインチャートに表示することのできるインジケーターです。

相関の強さの評価はピアソンの相関係数の通りです。

+0.75 ~ +1 : Strong positive correlation
+0.5 ~ 0.75 : Moderate positive correlation
+0.25 ~ 0.5 : Weak positive correlation
0 ~ 0.25 : Neglible correlation
0 : No correlation
-0.25 ~ 0 : Neglible correlation
-0.5 ~ 0.25 : Weak negative correlation
-0.5 ~ -0.75 : Moderate negative correlation
-0.75 ~ -1 : Strong negative correlation


複数の資産や銘柄との相関を同時に確認したい時、オシレーター欄を増やしたくない場合にどうぞ。


例1 : ゴールドと米国債10年利回りとドルインデックスの相関を同時に把握。現在はどちらと連動して動きやすいかの目安にできる。
以下の例では、利回りとの強い逆相関が働いていることが確認できる。



例2 : ドル円とクロス円の動きの相関を確認。相関が強ければ円が主導で動いていることが推測できる。



■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■Webサイト
https://bit.ly/2VPAMJk

■Twitter
https://twitter.com/thaikabu365

■インジ
http://bit.ly/3lmWYFk

■note
https://bit.ly/3dMJLDd
保護スクリプト
このスクリプトはクローズドソースとして公開されており、自由に利用することができます。お気に入りに登録してチャート上でご利用頂けます。但しこのスクリプトのソースコードを閲覧したり変更することはできません。
チャートでこのスクリプトを利用したいですか?