FX365_Thailand

[Strategy]Turtle's 20day High Low Break Strategy

Japanese below / 日本語説明は下記


Overview
I have made this strategy mimicking the legendary traders group, Turtle’s 20days high low break strategy with more options available for take profit(TP) and stop loss(SL) conditions.

The main component of the strategy is same as my indicator, Previous N days/weeks/months high/low(see the link below) and with this strategy, you can backtest previous N days high/low break strategy.
Unlike the indicator, you can specify another previous N days high/low as TP condition. This is because Turtle used 10days low as TP condition for 20days high break buy strategy, according to articles/books about them.
ATR and other factors which is said to be used in their original strategy are not included in this strategy.


Previous N Days/Weeks/Months High Low


What is Turtle?
Turtle is the group of traders founded by Richard Dennis and William Eckhardt to prove their theory that good traders can be trained or not.
It is said that Turtle had made more than 175 million dollars over 5 years and some of the traders has become fund managers or successful individual traders even after the experiment.


What is this strategy like?
The strategy generates long entries once prices break previous N days highs and short entries when previous N days lows broken.
N is user input so you can adjust it for your own strategy.
As mentioned above, you can also specify another set of different previous N days high/low for TP conditions.
e.g. 55 days high(low) break for entry and 20days low(high) break for take profit condition.


How to use it?
What this strategy shows is almost same as the indicator, Previous N days/weeks/months high/low.
It displays previous N days/weeks/months highs and lows and you can set up entry condition based on previous N days high/low.
Previous N weeks/months highs/lows can be used as take profit points when you develop your own strategy based on this.

See the parameters below for the rest of the details.



Parameters
TP condition:
You can select from “Pips”, “When opposite entries” or “Previous high low break”.

When “When opposite entries” selected, the strategy exits the open positions when opposite directional entries happened. e.g. Long positions will be closed when short entries made.

If you would like to exit positions with specific previous N days highs/lows, you can enter N in Previous N days High/Low for TP field with “Previous high low break” selected.


SL condition:
You can select from “Pips” or “Swing High/Low”.
If “Swing High/Low” selected, left bars and right bars need input to determine swing high/low.


Note: If you select “pips” in TP/SL conditions, it currently works only for forex pairs.


What timeframe is the best for this strategy?
As this strategy is for swing trading, longer timeframes are the best.
Base on my quick check upon strategy’s performance over USD pairs in forex, daily timeframe works best, however, it could fit in with lower timeframes such as 4H and 1H by adjusting TP/SL conditions.


Look at the sample result below. The result shows the strategy’s performance for USDJPY for over 40 years on Daily timeframe and it performs fairly good with more than 2 profit factor over long period of time with up-trending equity curve.
It is just a simulation but the data shows Turtle’s strategy still works.


=================

概要
伝説のトレーダー集団タートルの20日高値・安値ブレイク手法を模倣して作成したストラテジーです。
利益確定や損切り条件を設定可能なようにして、より柔軟性を持たせています。

ストラテジーの主要な構造は過去にリリースしたインジケーターPrevious N days/weeks/months high/lowと同じです(下記リンク参照)。
このストラテジーを使うと、過去N日高値・安値のブレイク手法のバックテストを行うことが可能です。
また、前述のインジケーターとは異なり、このストラテジーでは利益確定条件のために、もう一つ別の過去N日高値・安値を設定することができます。これはタートルが20日高値のブレイクで買いエントリーを行う場合、10日安値ブレイクを手仕舞いの基準として使っていたことからです。
タートルのオリジナル手法ではATRやその他の要素も用いられていたようですが、このストラテジーには含まれていません。


Previous N Days/Weeks/Months High Low


タートルとは何か?
タートルとは、「優れたトレーダーは育成可能か?」の問いを証明するために、投資家リチャード・デニス氏とウィリアム・エックハート氏によって組織されたトレーダー集団です。
タートルは5年間に渡って1億7千5百万ドル以上を稼ぎ出したと言われており、この実験終了後にはヘッジファンドを運営する者や個人投資家として成功したトレーダーを輩出したことで知られています。


このストラテジーの特徴
このストラテジーは、価格が過去N日高値をブレイクした時にロングエントリーを、過去N日安値をブレイクした時にショートエントリーを実行します。
Nはパラメーターで指定可能なので、皆さんの独自の手法開発のために調整することができます。
また、前述の通り、利益確定条件としてエントリー条件とは別の過去N日高値・安値を指定することが可能です。
例:エントリーには55日の高値・安値のブレイクを用い、決済には20日高値・安値のブレイクを用いるなど。


使い方
このストラテジーは前述のインジケーターとほぼ同じ内容のラインを表示します。
過去N日、N週間、Nヶ月の高値・安値を表示でき、エントリーの条件として過去N日高値・安値を指定することができます。
過去N週・Nヶ月高値・安値ラインは利益確定の目安に用いるなど、皆さんが独自の手法を構築するときの参考として使ってください。

その他のパラメーターについては以下の詳細を参照ください。


パラメーター:
TP condition(利益確定条件):
“Pips(Pips指定)”, “When opposite entries(逆方向エントリー時)” or “Previous N days high low break(過去N日高値・安値)”から選択することができます。


“When opposite entries” を選択した場合、現在のポジションは、現在ポジションとは逆方向のエントリー条件が満たされた時に、決済されます。
例: ロングポジションはショートのエントリーが実行されると同時に決済される。

特定の過去N日高値・安値ブレイクを決済条件としたい場合は、“Previous N days high low break”を選択の上、該当するN日を”Previous N days High/Low for TP”の項目に入力してください。


SL condition(損切り基準):
“Pips(Pips指定)”、“Swing High/Low(スウィングハイ・ロー)”から選択することができます。
“Swing High/Low”選択時は、高値・安値決定に必要な左右のバーの本数を指定します。

注:TP、SL条件でPipsを選択した場合は、現時点では為替通貨ペアのみに機能します。


このストラテジーに最適の時間軸は?
当ストラテジーはスウィングトレードの手法となっているため、長期の時間軸が適しています。
為替のドルストレートペアでの結果を見てみると日足が最も適していますが、利益確定や損切り条件を調整することで、4時間足や1時間足向きにもアレンジできると思います。


上に示したストラテジーの例は、ドル円の日足における過去40年間以上でのバックテストの結果ですが、これだけの長期に渡って右上がりのエクイティカーブとともにプロフィットファクター2近くを維持するなど、かなり良い結果と言えるのではないでしょうか。
これは一つのシミュレーション結果に過ぎませんが、データを見る限りタートルの手法は現在でも機能すると言えるでしょう。


■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■Editor's Pick
https://bit.ly/3pkLCEl

■Blog
https://bit.ly/2VPAMJk

■Indicator
http://bit.ly/3lmWYFk

■Membership
https://bit.ly/3zvLkPG
保護スクリプト
このスクリプトはクローズドソースとして公開されており、自由に利用することができます。お気に入りに登録してチャート上でご利用頂けます。但しこのスクリプトのソースコードを閲覧したり変更することはできません。
免責事項

これらの情報および投稿は、TradingViewが提供または保証する金融、投資、取引、またはその他の種類のアドバイスや推奨を意図したものではなく、またそのようなものでもありません。詳しくは利用規約をご覧ください。

チャートでこのスクリプトを利用したいですか?