FX365_Thailand

MTF GMMA with Display Timeframe Control

Japanese below / 日本語説明は下記

Multi time frame GMMA indicator that shows GMMA of the current timeframe and GMMA of upper time frame(MTF GMMA).

One of the GMMA’s advantages is to visualize trends showing multiple MAs of short term and long term. By providing both of MTF GMMA and the current timeframe’s GMMA, traders can grasp trends having upper timeframe’s perspectives.


How is it different from other MTF indicators?
Problems with other MTF GMMA indicators are;

-If you set higher timeframe GMMA , it will also be shown on further higher timeframes.
i.e. If you set 4hour GMMA on 1 hour or lower time frame charts, it will also appear on daily and weekly chart, which is not necessary.

To tackle these problems, this indicator has incorporated “display timeframe control” functions as follows.
-To show MTF GMMA on timeframe lower than the upper timeframe you set as MTF timeframe.
For example, if you select daily timeframe for MTF GMMA , the GMMA will be shown only on 4 hour or lower timeframes(1H, 30M, 15M, 5M, 1M).


Functions:
-One upper timeframe can be selected from monthly, weekly, daily, 4hour, 1hour, 30mins, 15mins and 5mins for MTF GMMA
-MA type can be selected from SMA / EMA
-MA period can be configured but common for current timeframe GMMA and MTF GMMA
-Both of current timeframe/MTF GMMA can be disabled when not necessary by ticking checkbox


How to use?
A suggested use of GMMA with MTF GMMA is trend following while price is above the current timeframe GMMA and MTF GMMA(buy the dips and sell the rips) and aim trend reversal when the current timeframe GMMA crosses MTF GMMA


Sample chart
1 hour chart with 1 hour GMMA(blue and yellow) and 4 hour GMMA(MTF GMMA, green)


——————————————————————————————

上位足のGMMA(MTF GMMA)と現在タイムフレームのGMMAの2つのGMMAを表示することのできるインジケーターです。

GMMAの一つのメリットは短期・長期のMAを複数表示することでトレンドを容易に可視化できることですが、上位足のGMMAを合わせて表示することで上位足の目線を保ったままトレンドを把握することができます。


他のマルチタイムフレームGMMAインジケーターとの違い
他のマルチタイムフレームGMMAのインジケーターでは、上位足のGMMAを表示すると、さらにその上位足でもそのGMMAが表示され、チャートが見にくくなるという問題に直面します。

例: 4時間足のGMMAを下位足で表示可能な様に設定すると、日足や週足でも表示されチャートが見にくくなる。

この問題に対して、このインジケーターでは、

・上位足のGMMAを表示する時間軸を制御することで上位足で不必要な情報を表示させない。

という機能を加えることでこの問題を解決しています。

具体的には、マルチタイムフレーム用に選択した上位足のタイムフレームより小さいタイムフレームでのみ上位足のGMMAが表示されるようになっています。
例えば、上位足として日足を選択した場合、日足のGMMAは4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足、1分足にのみ表示されます。


機能
-上位足のタイムフレートとして、月足、週足、日足、4時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足を選択可能
-MAタイプはSMA/EMAから選択可能
-MAの期間は設定可能ですが、現在タイムフレームGMMAとMTF GMMAで共通
-現在タイムフレームGMMAとMTF GMMAは不要な時はチェックボックスで非表示可能


使い方
使い方の一つの例として、価格が現在タイムフレームGMMAとMTF GMMAの上にある間はトレンドフォロー(押し目買い/戻り売り)を、現在タイムフレームGMMAとMTF GMMAがクロスした時はトレンド転換を狙うということが挙げられます。


サンプルチャート
1時間足に4時間足のGMMA表示(青と黄色: 1HのGMMA, 緑: 4HのGMMA)


■”なぜ”がわかる相場分析
・チャートの動きというファクトを元に
・客観的かつロジカルに
・初心者でもわかるように
相場展望を解説

Followすると投稿の度に通知が届きます。
http://bit.ly/3s888QI

■Editor's Pick Ideas
https://bit.ly/3pkLCEl

■Blog
https://bit.ly/2VPAMJk

■Indicator
http://bit.ly/3lmWYFk

■note
https://bit.ly/3dMJLDd
保護スクリプト
このスクリプトはクローズドソースとして公開されており、自由に利用することができます。お気に入りに登録してチャート上でご利用頂けます。但しこのスクリプトのソースコードを閲覧したり変更することはできません。
チャートでこのスクリプトを利用したいですか?