レンジ幅の意味と選択方法を教えてください

レンジバーは、マーケットノイズを低減しながら金融商品の価格動向を分析することができます。レンジバーは時間を考慮することなく、いわゆる純粋な価格変動を記録します。ユーザーが設定した特定の値に価格が達すると、新しいバーが形成されます。

レンジバーはどの様に形成されますか?

  • レンジバーには始値価格 (Open) があります。バーが形成される段階で価格の動きが記録されます。その間バーのサイズは始値から価格に応じて上下に伸びていきます。
  • バーの高値 (High) と安値 (Low) の差が価格変動幅と見なされます。
  • レンジバーの値幅設定の高値または安値の地点に到達する度にバーの形成は終了します。
  • 価格がレンジの [高値安値] の範囲内で動く間は、バーの終値 (Close) の位置が変わります。
  • 価格がレンジの [高値、 安値] を超えると、バーは終了し、新しいバーの形成が開始されます。

レンジバーチャートを選択する方法は?

2つの方法があります。

  • 上部ツールバーのチャートタイプメニューからレンジバーを選択します。

  • 上部ツールバーの時間足メニューからレンジ幅を選択します。

レンジ幅の意味は?

レンジ幅は、新しいバーの形成を開始する価格変動の幅を設定します。

1レンジは最小価格変動に等しいです。この値は次の式で表すことができます。

1レンジ = 最小変動 / 価格スケール

最小変動価格スケールの値は「シンボル情報」で確認できます。(チャート上のバーの上で右クリック -> 表示されたメニューのシンボル情報)。

レンジバーは時間パラメーターに影響されない為、レンジチャートを選ぶと、チャートの時間足は自動的にデフォルトまたは最後に使用したレンジ幅に切り替わります。

レンジチャートで利用可能な設定は?

レンジチャートのプロパティを確認してみましょう。

  

上昇カラー — 上昇バーの色を設定します。

下降カラー — 下降バーの色を設定します。

上昇予測カラー — 上昇予測バーの色を設定します。

下降予測カラー — 下降予測バーの色を設定します。

* 予測バー – 確定バーではなく、現在形成中の一時的なデータに基づくバー。

疑似バー — 仮想バーの表示設定(ギャップあり/なしの設定)。

* 疑似バー – 取引のない価格幅、すなわちギャップ部分のバー。

現在値ライン — 現在値のラインの表示設定

前日終値ライン — 前日終値のラインの表示設定

レンジバーの機能と制限

  • 1分足のバーのOHLC値(Open、[High、Low]、Close)がレンジバーのソースデータです。
  • Pro Plus以上の有料プランユーザーは(事前定義以外の)カスタム値幅設定を利用することができます。
  • レンジバーのアイデアを公開するには、レンジ幅が10レンジ以上である必要があります。
  • レンジバーではバーのリプレイをご利用いただけません。
チャートを始める
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト