バーのリプレイを利用する方法は?

チャートの上部パネルの該当のボタンをクリックして、バーのリプレイのツールバーを開きます。

リプレイツールバーは、何らかのメディアプレーヤーを使っているかの様に非常に直感的です。

リプレイツールバーを開いた後、チャートは再生開始位置の選択モードに入ります。「ジャンプする」ボタンの赤の垂直線を、位置選択のヒントとして利用できます。

任意の過去バーをクリックして、再生の開始地点を選択します。

再生」ボタンをクリックすると自動再生が開始されます。再生中の更新スピードを調整することが可能です。

 

前に」ボタンをクリックすることで手動で各データ更新を読み込む事もできます。

チャートモードが異なる事で混乱されたことがある場合には、チャートの右上隅にあるステータスをご確認ください。

再生が既に開始されている場合でも異なる開始地点を選択することができます。「ジャンプする」ボタンをクリックして、異なる開始地点の過去バーを選択してください。

必要に応じて、同じレイアウトの複数のチャートでそれぞれリプレイする事ができます。別のチャートをクリックして新たなリプレイを開始して下さい。リプレイツールバーには選択したチャートの状態が表示されます。最初のチャートと同様の方法で再生する事ができます。チャートのリプレイは独立して動作し、リプレイツールバーは常にアクティブなチャートの状態を表示します。

さらにリプレイを終了してすぐにリアルタイムデータに戻ることも可能です。「リアルタイムへ」のボタンを1クリックするだけです。

リプレイツールバーの [X] をクリックするか、チャート上部のツールバーのリプレイボタンをクリックする事でリプレイツールバーを閉じることができます。

以下はリプレイモードのその他の機能と制限です:

  • サーバー型アラートは、引き続きリアルタイムデータでトリガーされます。
  • サーバー型アラートは、リプレイモードでは新規に作成できません。
  • 注文はリアルタイムデータに基づき約定されます。
  • チャートがリプレイモードの時、トレードパネルやウォッチリストに表示される価格はリアルタイムデータと一致します。
  • 練行足といった日本のチャートタイプは再生できません。
  • 先物のつなぎ足や計算式を利用したスプレッドチャートは再生には使用できません。
  • リプレイモードでも描画やインジケータの適用は可能です。再生モードを終了された後もそれらはチャートに残ります。
  • 回帰トレンド及び出来高プロファイルの固定期間出来高のツールは、再生中は機能しません。
  • 再生中は、security関数を利用したインジケーターは機能しません。
  • 再生に使用できる過去データの量はシンボルのデータに依存します。
チャートを始める
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト