ラインブレイク(新値足)チャート

定義

ラインブレイクチャート(新値足)はカギ足や練行足に似た日本のチャートスタイルで、時間経過を考慮せず、価格変動のみに焦点を当てます。ラインブレイクチャートは (ライン(足)と呼ばれる)一連の上昇バーと下降バーで構成されます。上昇ラインは価格上昇を、下降ラインは価格の下落を明確に表します。ラインブレイクチャートを利用する鍵は、ユーザー定義値の「ライン(足)の数」の設定です。ラインブレイクチャートは現在の終値を取得し、それを(定義された数の)前のラインの終値と比較します。最もよく利用される「ライン(足)の数」は3です。これが意味するところは現在のラインの終値が過去3本の終値と比較されるということです。現在の価格の方が高ければ上昇ラインが描かれ、低ければ下降ラインが描かれます。現在の終値が前の終値と同じか反対方向への動きが十分に大きくない場合、新しいラインは描かれません。

ラインタイプ

ラインチャートに描かれるのは4種類のラインのみです。

  1. 上昇ライン — 上昇トレンド中に形成されます。
  2. 下降ライン — 下降トレンド中に形成されます。
  3. 上昇予測ライン — 日中の時間足で(実際の終値が確定する前に)現在の値に基づき形成される上昇予測ライン。
  4. 下降予測ライン — 日中の時間足で(実際の終値が確定する前に)現在の値に基づき形成される下降予測ライン。

ラインの計算方法

新しい終値が確定する度に以下の3つのいずれかが起こります。

  1. 同じ色の新しいライン — 価格が同じ方向に伸びる時。
  2. 違う色の新しいライン — 価格が反転に必要な分以上に反対方向に動いた時。
  3. 新規ライン無し — 価格に変化が無い時、または反転方向への動きが新しいラインの形成に必要十分な変化でない時。

ユーザーはライン(足)の数 の値を定義します。現在の終値は前のラインの終値と比較されます。ユーザー定義値として3を指定した場合、現在の終値は直近の3本の終値(現在のライン + その前の2本のラインで合計3本)と比較されます。上記1から3のガイドラインに従って、適切なラインが描画されます(またはケース3の場合描画されません)。

ラインブレイクチャートの利用

ラインブレイクチャートは、カギ足や練行足チャートに非常によく似ていて、ノイズを除去し価格の動きを要約して理解しやすくする方法として人気があります。ラインブレイクチャートの代表的な利用方法には、サポート&レジスタンスの確認、ブレイクアウトの識別、古典的なチャートパターンのと判別いったものがあります。

サポート&レジスタンス — ラインブレイクチャートはしばしばサポートとレジスタンスの位置を明確にします。


ブレイクアウト — サポートとレジスタンスのトレーディングレンジ内で反発を繰り返した後、明確に一定方向にバーが生成され始めるとブレイクアウトが発生します。


古典的なチャートパターン — ラインブレイクチャートの様な時間要因を除去して価格のみに焦点を当てるチャートでは古典的なチャートパターンがしばしば明確になる事があります。

TradingViewのラインブレイクチャート設定

上昇バー — 上昇バーの色と枠を変更します。

下降バー — 下降バーの色と枠を変更します。

上昇予測バー — 上昇予測バーの色と枠を変更します。

下降予測バー — 下降予測バーの色と枠を変更します。

チャートを始める
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト