延長線

動作

延長線の描画ツールを使うとチャート上に両端が無制限に延長されるラインを配置する事ができます。延長線はトレンドラインやトレンドチャネルの作成に利用されます。主な機能は無制限に延長されるという事です。これは基点から同じ角度で延長され、どんなに未来や過去にチャートを移動しても延長線のラインが表示される事を意味します。

スタイル

ダイアログのスタイルプロパティでは延長線の外観を変更することができます:

ライン

延長線のラインの色や太さ、不透明度、スタイルを設定します。2つ目のドロップダウンメニューで線種を設定する事ができます。

右の2つのラインのドロップダウンでは、延長線の左右の両端を通常のものでなく矢印とする事ができます。ラインの端を表示するには、延長のチェックボックスをオフにします。

 

中間点を表示

延長線の中間地点の表示有無を切り替えます。

テキスト

「価格幅を表示」、「バーの数を表示」、「期間を表示」、「距離を表示」、「角度を表示」のチェックボックスでは、チャート上の延長線の脇に関連情報のテキストを表示する事ができます。

「統計情報の位置」のドロップダウンメニューで統計情報のテキストの位置を選択します。

価格幅を表示

延長線の2つのポイント間の価格幅のテキスト表示の有無を切り替えます。

バーの数を表示

延長線の2つのポイント間のバーの数のテキスト表示の有無を切り替えます。

期間を表示

延長線の2つのポイント間の日時幅のテキスト表示の有無を切り替えます。

距離を表示

延長線の2つのポイント間の距離(時間足の期間)のテキスト表示の有無を切り替えます。

角度を表示

延長線の傾きの角度のテキスト表示の有無を切り替えます。

統計情報を常に表示

チェックを付けない場合、マウスで延長線が選択された時のみ統計のテキストが表示されます。

座標

ダイアログの座標プロパティでは、価格スケール(価格)と時間軸(バー番号)を指定することで延長線のポイントの位置を正確に設定する事ができます:

ポイント1

延長線の最初のポイント (#1) の正確な位置を価格とバーの番号で指定できます。

ポイント2

延長線の2番目のポイント (#2) の正確な位置を価格とバーの番号で指定できます。

可視性

ダイアログの可視性のプロパティでは、チャートの時間足に応じて延長線の表示有無を切り替えることができます:

アラート

アラートを設定してチャート上の延長線を系列が交差すると通知を受け取る事ができます。アラートはフローティング描画ツールバーの時計アイコン、または延長線の右クリックメニューを使用して設定できます:

続いて条件、期間、お好みの通知方法を選択して、通知メッセージをご希望の内容に編集された後「作成」を押します:

チャートを始める
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト