インサイド・ピッチフォーク

動作

インサイド・ピッチフォークは、テクニカル分析で利用される描画ツールで、標準のピッチフォークから派生したものです。標準のピッチフォークには3つの基本要素があります: 中心となる中央線(トレンドライン)と、その上下にそれぞれ2本のラインがあります。上下のラインは、中央値から標準偏差の数だけ離れた位置に設定されます。インサイド・ピッチフォークが異なる部分は、その原点の位置が標準のピッチフォークから変更されていることです。インサイド・ピッチフォークの原点原点は、高値と安値(最初に設定した2点)の垂直方向の距離の1/2、水平方向の距離の1/2の位置にあります。

インサイド・ピッチフォークは、通常のピッチフォークと同様に、まず2つの極端なポイントの間にトレンドラインを引き、次に3つ目のポイントを2つ目のポイントの上または下に設定して、アナリストが希望する位置にインサイド・ピッチフォークを配置します。デフォルトのインサイド・ピッチフォークの設定では、上下に2本ずつのラインが引かれます。TradingViewでは最大9本のラインのセットを追加することができます。追加ラインの設定は、今後の利用の為にテンプレートとして保存することができます。

インサイド・ピッチフォークと標準のピッチフォークを使用する上での基本的な考え方は、基本的に一種のトレンドチャネルを作成するということです。価格がインサイド・ピッチフォークのチャネル内に留まっている限り、トレンドは有効であると考えられます。反転は価格がインサイド・ピッチフォークのチャネルをブレイクした時に起こります。

スタイル

ダイアログのスタイルプロパティでは、インサイド・ピッチフォークの外観や設定を変更することができます:

中央線

インサイド・ピッチフォークの中央線の色、太さ、不透明度、スタイルを設定します。

追加ライン

左側のチェックボックスで、インサイド・ピッチフォークの追加ラインの表示/非表示を切り替えます。横のトグルでラインの色、太さ、不透明度、スタイルを設定します。

同色を利用

このドロップダウンを利用すると、インサイド・ピッチフォークのすべてのラインと背景に同じ1つの色を設定できます。

背景

チェックボックスでインサイド・ピッチフォークの背景の表示/非表示の切り替えます。横のスライダーはその不透明度を調整します。

スタイル

ピッチフォークをインサイド・ピッチフォークからオリジナルのピッチフォークシフ・ピッチフォーク、変形シフ・ピッチフォークに変更する場合には、このドロップダウンを使用します。

座標

ダイアログの座標プロパティでは、価格スケール(価格)と時間軸(バー番号)を指定することでインサイド・ピッチフォークのエンドポイントの位置を正確に指定できます:


ポイント1

インサイド・ピッチフォークの最初のポイント (#1) の正確な位置を価格とバーの番号で指定できます。

ポイント2

インサイド・ピッチフォークの2番目のポイント (#2) の正確な位置を価格とバーの番号で指定できます。

ポイント3

インサイド・ピッチフォークの3番目のポイント (#3) の正確な位置を価格とバーの番号で指定できます。

可視性

ダイアログの可視性のプロパティでは、どの時間足でチャートにインサイド・ピッチフォークを表示するかを切り替えることができます: