フィボナッチ・サークル

動作

フィボナッチ・サークルは、テクニカル分析で使用されるフィボナッチ数列に基づいた別の指標です。高値・安値といった2点の間にトレンドラインを引くことで作成されます。45度の角度でトレンドラインを引いて、円が完全に丸くなるようにするには、Shiftキーを押しながら描画します。

円は、23.6%、38.2%、61.8%、100%といった重要なフィボナッチ比率に従って、11段階の水準で描かれます。

デフォルトでは、「典型的な」水準が設定されています。ユーザーは、特定のレベルの表示/非表示を切り替えたり、水準の値を手動で変更することが可能です。また、それらの変更をテンプレートとして保存したりすることもできます。

チャートウィンドウの価格スケールの範囲外となり、円の一部が表示されない場合がある事にご注意ください。

フィボナッチ・サークルは、サポートとレジスタンスの水準を示します。通常、価格が上位の円にある時に、価格が上位の円を割り込み、下位の円まで下落し、その後上昇し始めると、その下位の円がサポートレベルになります。レジスタンスも同様ですが、その方向は逆になります。

スタイル

ダイアログのスタイルプロパティではフィボナッチ・サークルの外観と構成を変更することができます。必要に応じてカスタマイズをテンプレートとして保存することも可能です:

トレンドライン

このチェックボックスで、起点から終点のトレンドラインの表示/非表示を切り換える事ができます。またその横の項目で太さやスタイルを調整することが可能です。

円の水準

各円の左側のチェックボックスで対象の円の表示/非表示を切り替えます。その横のドロップダウンで各円の色、不透明度、太さを設定することもできます。
また、カスタム値を入力して、円の配置を指定することも可能です。

同色を利用

このドロップダウンを利用すると、すべての円とその背景に同じ1つの色を設定できます。

レベル

円の値を示すラベルの表示/非表示を切り替えます。

係数をパーセントとして

このチェックボックスは、円の位置の値を比率ではなく、パーセント値として表示します。

背景

円の背景の塗りつぶしの表示/非表示を切り替えます。

座標

ダイアログの座標プロパティでは、フィボナッチ・サークルのトレンドラインの価格スケール(価格)と時間軸(バー番号)を指定することで正確な位置を設定する事ができます。

ポイント1

フィボナッチ・サークルのトレンドラインの最初のポイント (#1) の正確な位置を価格とバーの番号で指定できます。

ポイント2

フィボナッチ・サークルのトレンドラインの2つ目のポイント (#2) の正確な位置を価格とバーの番号で指定できます。

可視性

ダイアログの可視性のプロパティでは、どの時間足でフィボナッチ・サークルを表示するかを切り替えることができます。
チャートの日中及び日足ベースの特定の時間足でのみ描画が表示されるように構成する事が可能です。どの時間足でも表示/非表示を選択でき、必要に応じてこれらのカスタマイズをテンプレートとして保存できます: