比較ツールとは何ですか?

比較ツールは2つ以上の異なるシンボルの市場での動きを一度に比較するために使用されます。複数のシンボルを同時に比較する事はいくつかの理由から行われますが、例えば全体として市場の健全性を視覚化する簡単な方法でもあります。これは具体的には(S&P500を追跡する)SPYのチャートで(ダウを追跡する)DIAと(NASDAQを追跡する)QQQのシンボルを追加することで実現できます。これで市場全体を包括する適切な情報を含む確認が容易な1つのチャートが作成されます。

以下は、SPYのチャートにDIAとQQQを比較として追加した例です。


もう一つの比較チャートの一般的な使用方法は、同一セクターの2つの企業を比較することです。以下のチャートでは、ゼネラルモーターズとフォードの2つの自動車企業を比較しています。これは上記の例と同じ理論ですがスナップショットを市場全体ではなく単一のセクターに絞り込んでいます。

チャートにシンボルを追加すると縦軸が価格スケールからパーセントスケールに変更される事にご注意ください。その際に表示されるパーセントは、チャートに現在表示されている期間の価格変動に対してのものです。このスケールの変更は必ず必要なものです。もし価格スケールに戻した場合、それらすべてのシンボルの価格が非常に近いケースを除き、チャートは崩壊します。以下は、GoogleとAppleの比較チャートを価格スケールに戻した場合の例です。2つの銘柄の価格は約500ドル離れています。その為パーセントスケールから価格スケールに切り替えると、双方のデータ系列は平坦となりチャートの有効性は失われます。

TradingViewでのご利用方法

現在のデータ系列/チャートに比較を追加するには、チャートの上部ツールバーの「比較」ボタンをクリックして、シンボルを入力します。

いくつかの人気のあるシンボルは既にダイアログにリストされていますので、チェックする事でチャートに追加できます。もちろん任意のシンボルも追加できます。デフォルトのリストに無いシンボルを追加されたい場合には、比較のダイアログボックスでシンボルを入力して選択します。

チャートを始める
ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー 使い方 チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター 公開したアイデア フォロワー フォロー中 プライベートメッセージ チャット サインアウト