インジケーターの設定に「時間足」と「Gaps」のオプションがあります。これらは何の為のものですか?

マルチタイムフレーム分析 (MTF) は、トレーダーがチャートの時間足よりも上位の時間足で同じティッカー/インジケーターを確認するプロセスです。トレーダーはMTFを使用して、より広範囲で長期的なチャートのプライスアクションを把握することができます。

数多くの内蔵インジケーターにMTF機能が付属しています。インジケーターの設定にあるパラメータータブに「時間足」のドロップダウンメニューがあり、インジケーターの計算対象となる時間足を選択することができます。これにより、例えば1時間足のチャートで日足の移動平均線を確認するといったことが可能となります。

より広い視野を得るためには、インジケーターの時間足がチャートの時間足よりも上位足であることが理想です。チャートの時間足よりも小さい時間足を使用すると、チャートの各バーに対してインジケーターの時間足では複数のバーが存在することになり、この最後のバーの値だけが表示されるため、断片的な結果になります(1本のチャートバーに対して複数の値を表示することはできません)。

ドロップダウンメニューの「時間足」に新しい時間足を追加したい場合は、チャートページにあるメインの「時間足」のドロップダウンメニューから、お好みの時間足を追加してください。この2つのメニュー間で、カスタム時間足のリストが共有されます。


「Gaps」のオプションは、インジケーターの時間足がチャートよりも上位の時間足である場合の動作を指定します。「Gaps」にチェックが入っている場合、上位の時間足で値が確定した時にだけチャート上でその値が相互に連携されます。例えば、1分足のチャート上に表示されるインジケーターの時間足が「1時間」である場合は、60バーに一度だけ、つまり、1時間足のバーがクローズして値が確定した時にのみ値を返します。これは、リアルタイムでのリペイントを避けることができるという利点があります。値同士は線で結ばれているように見えますが、実際には値の間にデータが存在しているわけではありません。

「Gaps」にチェックが入っていない場合、過去に生じた値の間にあるギャップは最後に返された値で埋められます。リアルタイムのバーでは、すべてのティックにおいて直近で利用可能な値が返されるため、インジケーターの値がリアルタイムで変化する様子を追跡することができます。この設定を有効にすると、インジケーターは過去のバーでは非リペイント値を、リアルタイムではリペイント値を生成します。

ご自身のカスタムインジケーターでMTF機能を有効にされたい場合は、こちらのヘルプセンターの記事で詳細をご確認ください。