ジグザグ

定義

ジグザグ・インジケーターは、価格のトレンドを識別するために使用され、価格があらかじめ設定された変数やマーカーよりも大きな割合で反転するたびに、チャート上にポイントをプロットします。ポイントは直線で結ばれ、トレーダーは価格の動きを視覚的に把握することができます。このインジケーターは、小さな価格の変化や変動に惑わされることなく、時間経過によるトレンドの変化を予測することを目的としています。

計算方法

ジグザグ・インジケーターは、以下の式で計算されます:

ZigZag (HL, % change = X , retrace = FALSE, LastExtreme = TRUE)
If  % change >= X, plot ZigZag  

それぞれの定義

HL = 系列の高値-安値価格、または終値。

% change = (パーセンテージでの) 最小価格変動。

Retrace = 前の動きのリトレースメントの変化、またはピークから底までの絶対的な変化です。

Last Extreme = 複数の期間(通常、最初または最後の価格観測)にわたって同じであれば、最も端の価格を参照します。

ジグザグ・インジケーターの計算は以下の手順で行います:

  1. まず、開始地点(スイングハイまたはスイングロー)を選びます。
  2. 次に価格変動の割合を選択します。
  3. その後、次のスイング(スイングハイまたはスイングロー)を特定し、それが開始地点とは異なることを確認する必要があります。
  4. 開始地点から新しい地点までトレンドラインを引きます。
  5. 再度、次のスイングハイまたはスイングローを特定し、それがステップ3で作成したポイントとは異なることを確認します。
  6. これらのポイントを結ぶ新しいトレンドラインを描きます。
  7. この手順を次のスイングハイまたはスイングローに対して繰り返します。

要点

ジグザグ・インジケーターは、小さな価格変動を除去することで、トレーダーの焦点をトレンドとその方向性に合わせることができます。ジグザグ・インジケーターは、トレンドの方向性を強調し、ノイズレベルを下げるのに適しています。強いトレンドのある市場で最も効果的に機能します。ジグザグは、将来のトレンドを判断または予測するものではありませんが、スイングハイとスイングローを識別し、プロットするのに役立ちます。

制限事項

他の多くのトレンドフォローのインジケーターと同様に、ジグザグ・インジケーターは、過去の価格に基づいて売買シグナルを出しますが、将来の価格トレンドの方向性を必ずしも予測するものではありません。トレンドの大部分が過ぎた後にジグザグのラインが表示されることも珍しくありません。

またトレーダーは、ジグザグのラインは必ずしも永続的なものではないことにも注意する必要があります。価格が反転するとインジケーターは新しいラインを描き始めます。この新しいラインが、インジケーターで定義されたパーセンテージの設定に達することなく、かつ、その銘柄の価格が反転した場合、そのラインはチャートから削除され、元のトレンド方向に延長するジグザグラインに書き換えられます。

このようなラグがあるため、トレーダーの中には、完璧なエントリーやエグジットを目指すのではなく、トレンドの方向性、つまり強さや弱さを確認するためにこのインジケーターを使用する人もいます。ジグザグの値は100%正確ではない為、限界があります。また、遅延もインジケーターの測定に影響を与えます。ジグザグ・インジケーターを使用する際には、トレーダーはこれらの点に注意する必要があり、より正確で収益性の高いトレード結果を得るために、他のトレンドフォロー・インジケーターと共に使用することを検討する必要があります。

サマリー

ジグザグ・インジケーターは、価格のトレンドを識別し、あらかじめ設定された変数よりも大きな割合の変化が生じたときに、価格の反転を示すポイントをチャート上にプロットします。ポイントは直線で結ばれており、全体的な価格のトレンドを判断するのに役立ちます。ジグザグ・インジケーターのラインは、スイングハイとスイングローの間で大きな動きがあった場合に表示されます。またこのインジケーターは、小さな価格変動を除去し、トレーダーがトレンドとその方向性、及びその強さのレベルのみにフォーカスできるようにします。