オート・フィボナッチ・エクステンション

定義

オート・フィボナッチ・エクステンションは、押し/戻りの後の目標価格レベルを計算するツールです。またエクステンションレベルは、潜在的な価格反転のエリアを示し、押しや戻りが完了した後に到達する可能性がある価格レベルを示します。これらのレベルは、主要なフィボナッチ係数とチャート上のシンボルの価格変動に基づいています。

新しいオート・フィボナッチ・エクステンションのインジケーターを使用するには、チャート上の「インジケーター」ボタンをクリックして、「内臓」タブにある Auto Fib Extension インジケーターを見つけてください。

このインジケーターはPineで書かれていますので、ソースコードを確認することができます。ソースコードへのアクセスは、チャート上のインジケーター名の右にある「ソースコード」のアイコン、または、Pineエディタの「開く」ボタンから「新規デフォルト内蔵スクリプト」を選んで Auto Fib Extension をクリックする事で可能です。

歴史

フィボナッチ・エクステンションの概念は、フィボナッチ・リトレースメント手法に由来します。リトレースメントの後の目標価格水準を決定するために開発されました。名前はフィボナッチ数列を使用していることから名づけられ、市場はしばしば最初の方向に進み続ける前に押し戻りを試す事が予想されるという理論に基づいています。

計算

フィボナッチ・エクステンションに特定の計算式はありません。エクステンションのレベルはフィボナッチ数列に基づいて計算され、最も一般的なレベルは61.8%、100%、161.8%、200%、261.8%です。トレンドベースのフィボナッチ・エクステンション描画ツールは、トレーダーが設定する3つのポイントに基づきます: 最初の2つのポイントはトレンドラインを定義し、最後のポイントはリトレースメントレベルを定義します。ポイントを設定すると水平のレベルラインが引かれますので、これらのラインに基づいて、今後の価格変動の潜在的なターゲットを判断するレベルを決定します。

新しいオート・フィボナッチ・エクステンション・インジケーターでは、トレンドベースのフィボナッチ・エクステンション描画ツールで必要とされるような手動でのポイント設定は必要ありません。アルゴリズムが自動的にポイントを選択し、エクステンション・レベルを描画します。

利用例

この画像のポイント1と2は、トレンドラインの方向を示しています。ポイント2と3は、リトレースメントのレベルを示しています。価格が到達する可能性のあるレベルは、インジケーターのラインで示され、最も一般的に使用される利益確定ラインは、0.618、1.0及び1.618です。

入力項目

深さ

インジケーターを計算する際に考慮されるバーの最小数。

ラインの延長

チャート上のラインを左または右に延長することができます。

反転

ラインの順序とインジケーターが計算する方向を逆にします。

価格

価格を表示します。

レベル

レベルの値を表示します。

レベルの色

各レベルラインの色です。

レベルフォーマット

値の表示に使用される形式です。通常の数値(「値」のオプション)、またはパーセント形式のいずれかを使用できます。

サマリー

このご待望のインジケーターを、拡大を続けるテクニカル分析ツールのリストに加える事ができ嬉しく思います。オート・フィボナッチ・エクステンションは、押し/戻りの後のターゲットレベルの判断に非常に役立ちます。ほとんどのテクニカル指標は、過去の価格を分析するものですが、フィボナッチ・エクステンションは、将来到達する可能性がある価格レベルの特定に利用することができます。

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター