テクニカルレーティング

定義

テクニカルレーティングは、複数のテクニカルインジケーターのレーティングを組み合わせる事で、トレーダーや投資家の方が利益を生み出すトレードを見つけやすくするテクニカル分析ツールです。

計算

以下は、個々のインジケーターのレーティングを決定するために使用される基準です。なお、上昇と下落の判定には、直近のバーからの変化が利用されます:

すべての移動平均線
  • 買い — MA値 < 価格
  • 売り — MA値 > 価格
  • 中立 — MA値 == 価格
一目均衡表
  • 買い — 基準線 < 価格 かつ 転換線が価格を下から交差 かつ 先行スパン1 > 価格 かつ 先行スパン1 > 先行スパン2
  • 売り — 基準線 > 価格 かつ 転換線が価格を上から交差 かつ 先行スパン1 < 価格 かつ 先行スパン1 < 先行スパン2
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
RSI
  • 買い — インジケーター < 30 で上昇中
  • 売り — インジケーター > 70 で下降中
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
ストキャスティクス
  • 買い — メインライン < 20 かつ メインラインがシグナルラインを 上に交差
  • 売り — メインライン > 80 かつ メインラインがシグナルラインを 下に交差
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
CCI
  • 買い — インジケーター < -100 で上昇中
  • 売り — インジケーター > 100 で下降中
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
ADI
  • 買い — インジケーター > 20 かつ +DIラインが-DIラインを上に交差
  • 売り — インジケーター > 20 かつ +DIラインが-DIラインを下に交差
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
オーサム・オシレーター
  • 買い — ソーサーと値が0より大きい または ゼロラインを上に交差
  • 売り — ソーサーと値が0より小さい または ゼロラインを下に交差
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
モメンタム
  • 買い — インジケーター値が上昇中
  • 売り — インジケーター値が下降中
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
MACD
  • 買い — メインラインの値 > シグナルラインの値
  • 売り — メインラインの値 < シグナルラインの値
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
ストキャスティクスRSI
  • 買い — 下降トレンドでKとDライン < 20 かつ KラインがDラインを上に交差
  • 売り — 上昇トレンドでKとDライン > 80 かつ KラインがDラインを下に交差
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
ウィリアムズ%R
  • 買い — インジケーター < 下限バンド かつ 上昇中
  • 売り — インジケーター > 上限バンド かつ 下降中
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
ブル・ベア・パワー
  • 買い — 上昇トレンドでベアパワー < ゼロ かつ ベアパワーが上昇中
  • 売り — 下降トレンドでブルパワー > ゼロ かつ ブルパワーが下降中
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合
アルティメット・オシレーター
  • 買い — UO > 70
  • 売り — UO < 30
  • 中立 — 買いでも売りでもない場合

売りの評価の数値は -1、中立は 0、買いは 1 です。グループと総合評価は、個々のインジケーターのレーティングの平均値で算出されます。

グループと総合評価の推奨度は、この数値のレーティング値に基づいて、以下の基準で決定されます:

  • [-1.0 ≥ 値 < -0.5] — 強い売り
  • [-0.5 ≥ 値 < -0.1] — 売り
  • [-0.1 ≥ 値 ≤ 0.1] — 中立
  • [0.1 > 値 ≤ 0.5] — 買い
  • [0.5 > 値 ≤ 1.0] — 強い買い

基礎

インジケーターの推奨度は、それに含まれる様々なインジケーターに対して計算されたレーティングに基づいています。

インジケーターの総合評価には、2つの大きなインジケーターのグループが含まれています。1つは、異なる期間のSMAとEMA(10, 20, 30, 50, 100, 200のMA期間)と一目均衡表 (9, 26, 52)、VWMA (20)、HullMA (9) で構成されています。もう一つは、以下のオシレーターで計算されます: RSI (14)、ストキャスティクス (14, 3, 3)、CCI (20)、ADX (14, 14)、AO、モメンタム (10)、MACD (12, 26, 9)、ストキャスティクスRSI (3, 3, 14, 14)、ウィリアムズ%R (14)、ブル・ベア、UO (7,14,28)。各グループのレーティングは別々に計算されていますので、インジケーターの設定でグループを選択すると、それぞれのレーティングの計算がチャートに表示されます。

利用目的

テクニカルレーティングツールは、ゼロラインを上下に変動する値を持つように設計されています。値は、赤、青、灰色のバーのヒストグラムとしてプロットされ、スクリプトのパラメーターの「評価基準」の項目での選択に依存します。評価基準の項目では、MAの評価、オシレーターの評価、または両方の平均値のどの値を表示するかを選択できます。

インジケーターの値が 0.1 から -0.1 の間にある場合、列は灰色になります。青色の列が徐々に満たされていくと、値が0.1以上で上昇していくことを示し、赤色の列で満たされていくと値が-0.1以下で下落していることを示しています。

ヒストグラムの最後にあるラベルには、MA、オシレーター及び総合評価の状態が表示されます。ラベルの色は「評価基準」の項目で選択したレーティングの値によって決まります: 灰色は中立、青は「買い」または「強い買い」、赤は「売り」または「強い売り」を表します。

サマリー

テクニカルレーティングは、多くのアナリストやトレーダーの方にとって貴重なテクニカル分析ツールになると思います。多くのトレーダーは、より良い判断を下すために、補完的なインジケーターを選択して使用しています。テクニカルレーティングは、非常に人気の高いインジケーターとそのシグナルを組み合わせることで、この作業を簡素化します。

注記事項: TradingViewは、テクニカルレーティングインジケーターの推奨のみに基づくいかなる金融商品の売買も推奨致しません。推奨は単に、ユーザーの戦略に合致する場合に、取引に潜在的に有利な条件を見つけるのに役立つ可能性のある個々のインジケーターとその組み合わせの特定の条件の充足渡を示しているに過ぎません。

ホーム 株式スクリーナー FXスクリーナー 仮想通貨スクリーナー 経済指標カレンダー アバウト チャート機能 価格 友達紹介 ハウスルール ヘルプセンター ウェブサイト&ブローカー向けソリューション ウィジェット チャートソリューション 軽量チャートライブラリ ブログ&ニュース ツイッター
プロフィール プロフィール設定 アカウントとお支払い 友達紹介 コイン マイサポートチケット ヘルプセンター プライベートメッセージ チャット サインアウト