VWAPオート・アンカー

VWAPオート・アンカーは、ユーザーが定義した単一の期間において、出来高加重平均価格の計算結果を表示するインジケーターです。一般的なVWAPの計算の仕組みや考え方の基本は、こちらのヘルプセンターの記事に解説があります。

VWAPオート・アンカーは、他のVWAPインジケーターや描画ツールと異なり、チャート上の直近の期間の開始地点に自動的に紐づけられ、その地点からの計算結果のみ表示されます。

 

なお、VWAPオート・アンカーは、Pineで書かれていない為、ソースコードを確認することはできません。

パラメーター

ベース期間

地点VWAPの計算のアンカー、つまりVWAP再計算の頻度とその開始地点を指定します。ご利用可能なオプションは以下の通りです:

 

自動 - チャートの時間足によってVWAPの開始点が変化します。

  • 「セッション」 日足未満の時間足の場合
  • 「月」 日足の場合
  • 「Quarter」 2日足から10日足までの場合
  • 「年」 11日足から60日足までの場合
  • 「10年」 61日足以上の場合

Highest High - 「期間」オプションで指定された直近X本のバーの中で、最高値を記録したバーがVWAPの開始点になります。

Lowest Low - 「期間」オプションで指定された直近X本のバーの中で、最安値を記録したバーがVWAPの開始点になります。

Highest Volume - 「期間」オプションで指定された直近X本のバーの中で、最高出来高を記録したバーがVWAPの開始点になります。

セッション - 直近の日次セッション開始時がVWAPの開始点になります。

- 直近の週の初めがVWAPの開始点になります。

- 直近の月の初めがVWAPの開始点になります。

- 直近の年の初めがVWAPの開始点になります。

Quarter - 直近四半期 (3ヶ月間: 1-3月、4-6月、7-9月、10-12月) の期首がVWAPの開始点になります。

10年 - 直近10年の初めがVWAPの開始点になります。

世紀 - 今世紀の初めがVWAPの開始点になります。

収益 - 表示中のシンボルにおいて、直近の収益報告時のバーがVWAPの開始点になります。

配当 - 表示中のシンボルにおいて、直近の配当報告時のバーがVWAPの開始点になります。

Split - 表示中のシンボルにおいて、直近の株式分割時のバーがVWAPの開始点になります。

ソース

VWAPの計算に使用するソースです。慣例としてバーの平均値がソースとして使用されます。デフォルトでは「高値+安値+終値の平均」がソースになっていますが、「高値+安値の平均」も一般的なオプションです。

このオプションは、アンカー期間の計算には影響しません。つまり、Highest Highのアンカーは、ソースとして何が選択されていても、常に「高値」のデータを比較します。

期間

アンカー検索の際に分析されるバーの数を指定する項目です。「ベース期間」が、Highest High、Lowest Low、Highest Volumeの場合にのみ適用されます。例: 「ベース期間」をHighest High、「期間」を100に設定した場合、過去100本のバーから「最高値」を記録したバーを検索してVWAPの開始点とします。

Bands Multiplier

ここで指定した値が標準偏差バンドの係数になり、チャート上に反映されます。

オフセット

この数値を変更すると、現在の市場に対してVWAPが前後に移動します。デフォルトは0です。

スタイル

VWAP

VWAPの表示/非表示、VWAPの現在値を示す価格線の表示/非表示を切り替えることができます。また、VWAP線の色・太さ・スタイルも選択可能です。

アッパーバンド、ロワーバンド

VWAP標準偏差バンドの表示/非表示切替のほか、色や線のタイプが設定可能です。

背景

標準偏差バンド間の塗りつぶし表示の切替や、色の調整が可能です。

精度

インジケーターの値について、端数を切り上げて残す小数点以下の桁数を設定します。この数値を大きくすれば、インジケーターの値の小数点以下の桁数が多くなります。