チャートパターン・ブルフラッグ

強気のフラッグ(ブルフラッグ)は、テクニカル分析のチャートパターンで、調整後のメイントレンドの継続を意味します。メイントレンドは旗竿を形成し、調整は旗の平行チャネルを形成します。価格が旗の平行チャネルを上に抜けた後、旗竿の大きさとほぼ同じ値幅分さらに価格が上昇することが予想されます。

強気のフラッグを反転すると、もう一つ有効なパターンである弱気のフラッグになります:


このインジケーターは、過去600本のバーを分析し、5つのポイントから成るテンプレートに一致するものを探します。インジケータが見つけたポイントは、最適なピボットポイントに結びついています。5つのポイントが見つかると、それらのポイントがパターンのルールと指定された最大許容偏差に適合しているかどうかをチェックします。


2から5までの区間では、フラッグラインを「高値」と「安値」が超えることは許容されますが、「始値」と「終値」が超えることは許容されません。検出されたパターンの内、上記の説明に適合する最大かつ重複しないフラッグがチャート上に描かれます。


パラメーター:


反転パターン - 弱気のフラッグを検索する為にパターンを反転させます。


ソース - 検索に利用するソースデータ。


許容偏差 - フラッグの各ポイントの平行チャネルラインからの最大許容偏差。チャネルの高さに対する割合として計算されます。