チャートパターン・トリプルトップ

トリプルトップとは、同じ水準に連続して3回つけられた高値(多少の数値の差は許容範囲とします)と、その間にある安値によって形成される反転パターンのことです。価格が3回高値の水準に達した後、反転して中間に位置する安値の水準を下回ると、高値から安値の差とほぼ同じ値幅分、価格が下落することが予想されます。

このインジケーターは過去600本のバー上からパターンを検索します。パターンは値動きを示す線 (Price Line) とネックライン (Neck Line) で構成されています。ネックラインは、中間に位置している安値の最小値を通るように引かれます。最後のポイント7を除いて、各プライスラインの始点と終点は5/5ピボットに位置しています。ポイント7は、直近のプライスラインとネックラインとの交点に位置しています。In Progressのモードでは、すでに形成されたパターンだけでなく、出現しつつあるパターンも探します。このようなパターンでは3回目の天井がピボットにない場合があり、形成中のプライスラインが点線で表示されます。

3回目の天井が出現した後、価格(終値)がネックラインを下回るとパターンが形成されたと判断されます。Targetのラベルが付けられた点線の水平線が表示されますが、これはパターン形成後に到達すると予想される価格水準を示しています。新しいバーが出現すると、この線は右方向へ直近のバーまで延長され、パターンの状態がAwatingから変化するまで続きます。ラベルのツールチップには、価格とパターンの現在のステータスが表示されます。ステータスが変わると、ラベルの色も変化します。全部で以下3つのステータスがあります:

  • Awaiting 価格が予想の水準に到達しておらず、また直近の天井も上回っていない。
  • Reached  価格が予想の水準に到達した。
  • Failed  価格が予想の水準に到達せずに直近の天井を上回った。

2つのパターンが交錯している場合は "Awating" のパターンが優先されます。交錯しているパターンのステータスが ”Failed" または "Reached" になっている場合、あるいは両方が "Awating" の場合、天井となっている価格の値が最も近いものがパターンとしてチャートに表示されます。つまり、より的確な値を使用してパターンが表示されるようになっています。

パラメーター:

  • Trend Height – パターン自体の高さに対して、パターンに先行するトレンドに要求される高さを設定します。パターンの高さとは、天井になっている価格の最大値と中間に位置している安値の最小値との間にある差のことです。パーセント値で表されます。
  • In Progress – まだ完全に形成されていないパターンを探します。
  • Tops – 天井の高さについて許容される最大差です。天井の高さは中間に位置する安値の最小値から計算されます。パーセント値で表されます。
  • Intermediate Minima – 中間に位置する安値について許容される最大差です。安値の最小値は天井になっている高値の最大値から計算されます。パーセント値で表されます。