チャートパターン・ウェッジ

ウェッジは、値動きを限定する2本のダイナミックなラインの収束で構成される反転パターンです。ラインは片側に比重があり、ラインの方向によって、上昇ウェッジまたは下降ウェッジを示します。価格がウェッジの方向とは反対方向にラインをブレイクすると、さらにウェッジの起点の高さとほぼ同じ値幅分、価格が変動することが予想されます。


このインジケーターは、過去600本のバーを分析し、4つのポイントから成るテンプレートに一致するものを探します。インジケーターが検出した各ポイントは、最適なピボットポイントに結びついています。ポイントが検出されると、それらのポイントがパターンのルールに合致しているかどうかをチェックします: パターンの最初と最後のポイントの間で、ウェッジラインを「高値」と「安値」が超えることは許容されますが、「始値」と「終値」で超えることは許容されません。検出されたパターンの内、上記の説明に適合する最大で重ならないウェッジがチャート上に表示されます。

パラメーター:

反転パターン - 下降ウェッジを検索する為にパターンを反転させます


ソース - 検索に利用するソースデータ。


開始/終了のチャネル幅の比率 - パターンの開始地点と終了地点のチャネルの高さの差の最小許容値。パーセンテージ値です。


チャネルのピボットの順序 - 安値と高値の順序を変更します: チェックなしの場合は、このパターンは低いピボットから始まります。チェックを付けると、高いピボットから始まります。