ディープバックテストで利用可能なデータ量は?

ディープバックテストでは、TradingViewのデータストレージで利用可能なすべてのデータでバックテストが可能です。ヒストリカルデータの長さは、選択したシンボルとチャートの時間足によって異なる場合があります。

日足および日足ベースの時間足の場合、利用可能なすべてのデータをチャート上に表示し、同じデータをディープバックテストモードでも使用することができます。日中の時間足の場合、TradingViewは限られた量のデータを保持しており、日中足でのヒストリカルデータの長さは日足よりも短くなることがあります。

選択したディープバックテストの期間全体のデータがない場合、ストラテジーテスターは「選択した期間とチャートの時間足のデータがありません」のエラーを返します。選択した期間内の一部の日中データのみが利用可能な場合には、ストラテジーは通常通り計算されます。特に秒ベースの時間足では、最大で過去2週間となります。