アップ/ダウン出来高 (Up/Down Volume)

定義

アップ/ダウン出来高インジケーターは、各バー内で取引された方向性を映し出したものです。これを行う為に、各バーの出来高の値を、アップボリューム(価格が上昇したときに計算される出来高)とダウンボリューム(価格が下降したときに計算されるボリューム)の2つに分割します。アップボリュームがダウンボリュームより大きい場合、対象のバー内の主な出来高は、買いで発生したことを意味します。

結果はヒストグラムとして表示されます: アップボリュームの値はゼロより上に、ダウンボリュームの値はゼロより下にプロットされます。2つの値の差は差分として示され、優勢な出来高の色の側にノッチとして表示されます。

計算方法

アップ/ダウンの出来高の値を計算するには、各バー内のより下位の時間足のバーの出来高を調べて、それらの下位足のバーが形成された時に価格がどちらの方向に動いたかを分析します。

これを行うために、まず出来高を取得する時間足を決定します。より上位の足では過去データが増えますが、計算の精度は落ちます。

アップ/ダウン出来高の計算には、様々な下位の時間足を使用することができます。デフォルトでは、計算に使用される時間足は、チャートの時間足に基づいて自動的に選択されます:

チャートの時間足

計算に使用される時間足

日中足

1

日足

5

その他

60

1分足未満では、インジケーターの値を算出することはできません。

時間足が選択された後、価格が動いた方向について、より下位の時間足の各バーのデータが分析されます。

終値が始値と等しくない場合:

  • バーの終値が始値より高い場合、価格は上昇したと判断されます。
  • バーの終値が始値未満の場合、価格は下落したと判断されます。

バーの終値が始値と等しい場合:

  • バーの終値がひとつ前のバーの終値以上の場合、価格は上昇したと判断されます。
  • バーの終値がひとつ前のバーの終値未満の場合、価格は下落したと判断されます。

その後、価格が同じ方向に動いたすべてのバーの出来高を合計します。したがって、価格が上昇しているときにどれだけの出来高があったかを示すものがアップボリューム、価格が下降しているときに取引された出来高を示すのがダウンボリュームとなります。

パラメーター

カスタム時間足を使用

計算に使用する下位足を(デフォルトで)自動的に選択するか、手動で選択するかを選びます。チェックを付けた場合、「時間足」のパラメーターに基づいて時間足が選択されます。

時間足

インジケーターが出来高の合計を計算する際に使用するバーの時間足を指定します。より上位の足では過去データが増えますが、計算の精度は落ちます。この項目は、「カスタム時間足を使用」のオプションが有効な場合に使用されます。