「チャートパターン」とは何ですか?

「チャートパターン」とはインジケーターのグループの一つで、チャート上で繰り返される値動きのパターンを自動的に検出するものです。トレーダーが価格動向について確率的な予測を立てたり、目標水準を決定する際に役立ちます。パターンの形成後に想定される値動きの方向によって、以下3タイプに分類されます:

  • 継続パターン
  • 反転パターン
  • 不定パターン

継続パターンには、フラッグやペナントといったパターンがあります。反転パターンには、ダブルトップ、トリプルトップ、ヘッドアンドショルダー、ウェッジなどがあります。不定パターンとしては、トライアングル、レクタングルが挙げられます。

パターンには幾何学的な形状を示すものもあれば、理論に基づいたパターンもあり、例えば「エリオット波動理論」はその一つです。この理論によると、値動きは周期的で、いくつかの段階を経るとされています。現在の価格がどの段階かを把握することで、今後の値動きが予測可能になります。

インジケーターのメニューから「テクニカル」のセクションを選択して「自動」グループに移動すると、「チャートパターン」として利用可能な内蔵インジケーターが全て見つかります。

このインジケーターを使用すると、合致するパターンが見つかった時にチャート上に表示されます。

チャート上のパターンを自動検出するこれらの内蔵インジケーターについては、各関連の記事から詳細をご確認いただけます。